Twitterにはセキュリティを強化する設定がいくつか用意されています。
しかし、面倒だから設定していない、方法が分からない・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、パソコンのブラウザ版とiOS/Androidでの設定方法をご紹介。

乗っ取り被害に遭わないため、早めの設定をおすすめします。

セキュリティを強化する設定(パソコン版)

電話番号認証

1. 右上の「アイコン」⇒「設定とプライバシー」を選択

QRコード追加

2. 「モバイル」を選択 ⇒ 電話番号を入力し、「続ける」をクリックすると、認証用コードがスマホに送信されます

電話番号追加

3. 認証用コードを入力し「携帯電話を認証する」をクリックすると完了

携帯電話を認証する



セキュリティを強化する設定(iOS版)

電話番号認証

1. 「アイコン」をタップし、リストから「設定とプライバシー」を選択

設定とプライバシー

2. 「アカウント」⇒「電話番号」をタップ

電話番号

3. 電話番号を入力し「次へ」をタップすると、SMSに認証コードが送信されます

電話番号を追加

4. 認証コードを入力すれば、電話番号の登録は完了です。

認証コードを入力

ログイン認証

1. 上記、電話番号認証の項と1まで同様

2. 「アカウント」⇒「セキュリティ」をタップ

セキュリティ

3. 「ログイン認証」⇒ ログイン認証のスイッチをタップ

ログイン認証スイッチ

4. 「確認」をタップ

確認

5. ログイン認証の設定画面が表示されるので、「始める」⇒ パスワードを入力し「認証する」をタップ

認証する

6. 「コードを送信」⇒ SMSに送信された認証コードを入力し「送信」をタップで設定は完了です。

コードを送信

ログインには、ログインコードを受信する設定にした端末が必要です。紛失した場合などのため、「バックアップコード」は大切に保管しましょう。



セキュリティを強化する設定(Android版)

電話番号認証

1. 三点︙のアイコンをタップし、「設定] を選択

security_304

2. アカウント名を選択

security_305

3. 「電話番号 追加」を選択

security_306

4. 電話番号を入力すると、SMSで認証番号が届きます。

security_307

5. 届いた番号を入力すれば、電話番号の登録は完了です。

ログイン認証

1. 上記、電話番号認証の項と2まで同様
2. 「アカウント」⇒「セキュリティ」を選択

security_308

3. 「ログイン認証」 のチェックをつけてオン→「OK」

セキュリティ設定したら絶対安全!ではない

電話番号認証や2段階認証の設定をすれば、セキュリティはかなり強化できます。しかし、これを設定したら絶対に不正アクセスされない!というわけではありません。

不正アクセスを試みる者は、他サイトで流出したID・パスワードを使用したり、ツールを使用して容易にログインしてしまいます。

そんな被害に遭わないために必要なのは、「定期的なログイン」と「パスワード変更」です。英数字を混ぜた複雑なパスワードを設定したり、あやしいアプリをTwitter上で連携してしまったりしないように注意してください。

まとめ

Twitterでは、不正アクセスによる乗っ取り被害が続出しています。自分のID・パスワードが流出したり、フォロワーの方々に迷惑をかけてしまったりしないためにも、しっかりセキュリティを強化して、注意しつつ利用しましょう。




RELATED