iPhoneのキャッシュを削除する方法!便利アプリも公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
security_1104

iPhoneでインターネットをしているとき、「なんだか重いような気がする」とかブラウザアプリが「強制終了してしまった」というとき、キャッシュの削除をおこなうと症状が改善することが多いです。

iPhoneの標準ブラウザアプリであるSafariと、利用者の多いChromeやtwitterでキャッシュクリアをおこなう方法、キャッシュクリアアプリをそれぞれご紹介します。

目次

1. そもそもキャッシュってなに?

キャッシュとは「一時ファイル」のことです。たとえばブラウザでYahooを見たとき、Yahooサイト内にある画像などのデータをブラウザ側で一時的に保存し、次回アクセスした際の読み込み速度を早めます。

こう聞くと必要に思えるでしょうが、この一時ファイルがあちこちのサイトで保存されていくと・・・負荷が増して重くなってしまいます。そのため、定期的に削除するのが望ましいです。

2. Safariのキャッシュを削除する方法

iPhoneに最初からインストールされているブラウザアプリ、Safariでキャッシュを削除する方法を解説します。

1. 設定アプリを起動→下にスクロールして「Safari」を選択

security_878

2. 「履歴とWebサイトデータを消去」を選択→「履歴とデータを消去」で完了

security_879

3. Chromeのキャッシュを削除する方法

1. Chromeを起動して「≡」→「設定」をタップ

security_880

2. 「閲覧履歴データを消去する」

security_881

3. 「キャッシュを消去」→確認画面で再度「キャッシュを消去」で完了

security_882

4. Twitter公式アプリのキャッシュを削除する方法

Twitter公式アプリには、キャッシュを削除する機能がありません。よって、一旦アプリ自体を削除して再インストールする方法がおすすめです(データは消えません。)。

1. 「設定」→「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」→「twitter」

security_883

2. 「Appを削除」→確認画面で再度「Appを削除」をタップ

security_884

3. 「設定」に戻る→「Twitter」を選択

security_885

4. 「インストール」で再インストール完了です。

security_886

また、同じ手順でFacebookのアプリもキャッシュを削除することができます。

5. iPhone自体のキャッシュを一発削除する方法

iPhone自体の不要なキャッシュを、一発でクリアする方法があります。それにはなんと、iTunesで販売されている映画を利用します。

1. 設定アプリ→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」で使用可能な容量を確認

security_887

2. iTunes Storeアプリを起動→下部「映画」を選択

security_1047

3. 適当に映画を選び、映画情報のサイズを確認→使用可能な容量を上回る作品の「購入」か「レンタル」を押す→「ダウンロードできません」と表示されればOK(おすすめは長編映画「ベン ハー」)。

security_1048

じつは、これだけでキャッシュが削除されます。手順1のとおり使用可能な容量をチェックし、増えていることを確認してみてください。

また、スリープボタンを長押しして一旦電源を切り、再起動してもキャッシュが削除されます。

6. カンタンにキャッシュを削除できるアプリ3選

カンタンにキャッシュ削除をおこなえるアプリもあります。それだけの機能でなく、節電やメモリ開放といった機能も備えるものがあるので、一石二鳥なアプリが欲しいという方は要チェックです。

6-1. Copy Trans Apps

security_890

iTunesを使わず、アプリのバックアップを取ることができるアプリです。下部の「クリーナー」を押すとiPhone内のファイルをスキャンし、キャッシュファイルを削除することができます。
»Copy Trans Apps

スペック

  • 日本語対応
  • 無料
  • 対応OS:Windows XP以降(32bit/64bit)以降
  • 対応デバイス:iPhone/iPad/iPod(iTunes全バージョン)

6-2. 節電バッテリーマニア

security_891

節電に使えるアプリです。キャッシュクリアのほか、iPhoneのメモリの状態や空き容量をモニタリングできます。節電に使える小ネタまで教えてくれるので、キャッシュ削除のほかに電池持ちをよくしたい方におすすめ。
»節電バッテリーマニア

スペック

  • 日本語対応
  • 無料
  • 対応デバイス:iOS 7.0以降(iPhone/iPad/iPod touch)

6-3. PhoneClean

security_892

Windows/Macのパソコンにインストールし、iPhoneを接続することでメールなどさまざまなキャッシュをまとめて削除できるアプリです。有料ではありますが、iPhoneの空き容量を増やすことができます。
»PhoneClean

スペック

  • 日本語対応
  • ダウンロード無料
  • 購入 ¥2,999または年額 ¥1,999
  • 対応OS:Windows XP以降(32bit/64bit)、Mac OS X 10.7以降
  • 対応デバイス:iPhone 5以降、iPad 初代以降、iPod touch 1以降

まとめ

iPhoneのキャッシュを削除する方法とアプリをご紹介しました。キャッシュは年中削除する必要はありませんが、ブラウザアプリの起動や動作が遅いと感じるときなどに実施するとよいでしょう。

また、サイトが表示されないとき、キャッシュを削除すると表示されることもあります。ブラウザの調子がよくないときに試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る