サイバー攻撃

「ウイルスを検出」の偽警告が15倍に急増!症状・対処方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
security_2028

パソコンやスマートフォンを利用していて

「ウイルスを検知しました!今すぐこのソフトで除去してください」

などの警告が出たことはありませんか?

これは「サポート詐欺」と呼ばれる近年増加しているネット詐欺・サイバー犯罪の手口で、実際にウイルスは検出されていません。

ここでは、サポート詐欺の症状と手口、対処法法、対策をご紹介します。

1. 信じてはいけない「ウイルス検出」の偽警告とは?

「ウイルスを検出しました」の偽警告で不安をあおり、電話をさせてサポート契約やソフトウェア購入、アプリインストールに誘導する詐欺です。

この詐欺は海外で2012年頃から登場しはじめ「Tech Support Scam」(テクサポ詐欺、サポート詐欺)と呼ばれるようになり、日本では2015年頃から出現が報告されています。

「ウイルス検出の偽警告」に関する相談が1年で15倍に

IPA公表の2016年四半期「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」によると、2016年10月~12月の相談件数は3795件、そのうち「ウイルス検出の偽警告」についての相談が833件あり、この相談がはじめてあった前年同期の57件から1年で約15倍に増加しています。

この相談件数はワンクリック詐欺に迫るほどであり、注意が必要です。

2. サポート詐欺の症状・手口

サイト閲覧中、とつぜん「PCサポート」などのページが表示され、下記のような内容表示や音声が流れ、電話をかける/購入や申込みのクリックをするよう指示されます。

警告文の例

「警告、あなたのコンピュータでウイルスが検出されました。(中略)提供された電話番号に連絡していただけるまでは、インターネットの使用、ウェブサイトにログインすることやオンライン上での商品の購入はなさらないでください。」

「お使いのスマホが(4)個のウイルスを検出した可能性があります」
など

この警告はウソで、実際にウイルス感染や検出はしていません。
そのため、無視して画面を閉じてください。
しかし中には×ボタンで閉じられないケースもあり、より焦らせるしくみになっています。

その他の症状

  • 「ビーッ」などの警告音がする
  • 「残り○分○秒」などカウントダウンがはじまる
  • バイブレーションが鳴り、スマホが振動する

どんなサイトにアクセスすると表示される?

違法な無料動画サイトやアダルトサイトなどで特に表示されることが多いようです。
しかし偽警告は広告のクリックやウェブサイトの自動遷移(リダイレクト)で表示されることもあり、一般のサイトを見ていても表示される場合もあります。

近年のサイバー犯罪は正規サイトやSNSから誘導する手口が増え、より悪質になっています。

2. 電話をかけた・ソフトをインストールしてしまった場合は?

電話をかけると、正規の遠隔操作ソフト/リモートデスクトップツール(「AnyDesk」や「TeamViewer」)をインストールするよう誘導されます。

インストールすると調査と称してコマンドなどを実行され、ウイルス感染があると言われて最終的にサポート契約などをすすめられます。

遠隔操作からウイルスに感染させられたケースもあり、自分のパソコン操作をサイバー犯罪者にまかせてしまうと、どんな被害に遭ってもおかしくありません。

遠隔操作をされた。情報漏えいや今後も遠隔操作されることはない?

遠隔操作されているあいだ、どんな操作をしているのかはすべて見えるので、不審な動作をされていなければ問題ない可能性が高いです。

何をされたかわからない場合は、正規のセキュリティ対策ソフトでウイルスチェックをしたほうが良いでしょう。

また遠隔操作するには、操作される側パソコンに遠隔操作ソフトがインストールされて有効になり、ネットワークに接続され、操作される側のIPアドレスや遠隔操作ソフトのID・パスワードなどを知っている必要があります。そのため、知らないうちに遠隔操作されることはありません。

遠隔操作ソフトが入っている場合、アンインストールしておくと安心です。

怪しいソフトをインストールしてしまった

インストールしたソフト名がわからなくても、インストールした日で検索することで、ソフトを特定できることがあります。不審なソフトはアンインストールしておきましょう。

意図せずにインストールしてしまったプログラムのアンインストール手順
https://www.ipa.go.jp/files/000054281.pdf

サポート契約を解約したい

近くの全国の消費生活センターへの相談をおすすめします。

全国の消費生活センター等
http://www.kokusen.go.jp/map/

4. 対処方法

パソコンの場合

画面を閉じられない場合

タスクマネージャから終了させる

「Control + Alt + Delete」または「Control + Shift + Escape」でタスクマネージャを起動し、警告を表示しているブラウザを選択、「タスクの終了」をクリックします。

パソコンを再起動する

ただ、電源ボタン長押しのシャットダウンはハードディスクに悪影響を与え故障する可能性があり、おすすめしません。

ウイルス感染したかもしれないときの対処はこちら

会社のパソコンがウイルス感染したら?2次被害を防ぐ対処方法
企業のウイルス感染では、一刻も早く被害拡大を止めることが重要です。そのために迅速な対処がポイントになります。今は仕事でスマートフォンを使うことも増え、情報流...

スマートフォンの場合

画面を閉じられない場合

  • ブラウザを終了させる
  • スマホを再起動する
  • キャッシュを削除する
Android

「設定」→「アプリ」より「提供元不明のアプリのインストールを許可する」を無効にし、不正アプリを防いでください。

iPhone

iPhone・iPadはウイルスに強いため、サイトを見ていてウイルス感染することはまずありません。ただ改造(脱獄)されたiPhoneや、改造アプリのインストールで感染する可能性はあります。

5. 対策方法

  • ウイルス感染チェックはかならずセキュリティ対策ソフトでおこなう

    Webサイトで表示された広告や、音声メッセージでの警告は信用しないでください。

  • セキュリティ対策ソフトは店頭または信頼できるメーカーの公式サイトから手に入れる

    アプリはGoogle PlayかApp Storeから入手し、広告やサイトからアプリをインストールしないようにします。

被害防止のため、IPAでは下記のページを公開しています。もし警告が表示され、本物かどうか判断できないとき参考にできます。

  • 偽警告かどうか?確認するためのセルフチェック診断チャート
  • 警告画面に表示される電話番号

セルフチェック診断チャート
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160929.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る