スマホでウイルス感染の警告画面が!対策は?

最近、スマホでサイトを閲覧したときやアプリの広告をタップしたときなどに「ウイルス感染しました!」といった警告画面が表示される問題が多発しています。

不安を煽る内容で警告音が鳴るパターンもあるので、表示されたら焦ってしまう方もいるでしょう。そこで、警告が出たときの対処法・対策を解説します。

スマホで表示される警告画面とは?

サイトを見ていて突然表示される「感染しました」などの警告はウソの場合が多いです。目的はウイルス除去アプリと騙って、ウイルスや個人情報を盗むアプリをインストールさせることにあります。

ニセ警告のポイント

では、ニセ警告は具体的にどのような特徴があるのか、よく当てはまるのがつぎのような部分になります。また、日本語が不自然なことも多いです。

  • 「ウイルス感染」「バッテリーが破損」など不安を煽る内容
  • 「ウィンドウを消すと破損する」「自己責任」などの脅し文句がある
  • Googleのロゴやマーク、Androidなどの表記がある
  • ウイルス除去の方法とリンクが掲載されている
  • 特定のアプリをインストールするように勧めてくる

警告が表示されたときの対処方法

では実際に警告が表示されてしまったら、どう対処すればよいのかを解説していきます。

リンク先にアクセスしない

警告画面に「ウイルスを除去する」などとリンクをクリックさせるような内容でも、アクセスするとニセのセキュリティアプリのダウンロードページか、最悪の場合はウイルス感染することがあります。

そのため、警告を押さずページを閉じましょう。アクセスした場合にウイルス感染する可能性はそこまで高くないですが、念のため正規のセキュリティアプリでスキャンすることをおすすめします。

アプリをインストールしない

「ウイルス感染した、このアプリを使わないと除去できない」というような文言が書かれている場合もありますが、そのような事実はありません。

インストールするとスマホを不正に遠隔操作されたり、個人情報を盗まれたりする可能性があるので、セキュリティアプリは大手の信頼できるものを利用するとよいでしょう。

警告が表示されないようにする対策

警告は無視して問題ないにしても、誤ってタップしてウイルス感染するリスクはあります。それを防ぐため、出ないようにする方法が以下です。

あやしいサイトを閲覧しない

詐欺広告が張られているのは、非公式の動画サイトやアダルトサイトなどが多いです。このようなあやしいサイトやアプリを利用しないようにすれば、警告が表示されるのを防ぐことになります。

ポップアップブロックを設定する

ポップアップブロックとは、勝手にウィンドウが表示されるのを防止する機能です。Androidは標準で有効になっているため、iPhoneでの手順を解説します。

1. 「設定」アプリ→「Safari」をタップ

iphoneの設定画面

2. 「ポップアップブロック」のスイッチをオン

セキュリティアプリを利用する

セキュリティアプリが入っていれば、本当にウイルス感染した際に駆除できるので安心です。また、アプリによってニセの警告を表示するような不正サイトをブロックする機能などもあります。

スマホのセキュリティソフトおすすめ【ウイルス対策】

2018.01.23

まとめ

スマホで表示される警告画面はニセモノの場合が多く、無視してよいことを紹介しました。基本の対応としては表示されたらページを閉じる→不安ならアプリでスキャンするとよいでしょう。

もし押してしまっても、基本的にセキュリティアプリをインストールして、スキャンすれば問題ない場合が多いので、過度に心配しすぎることはないかもしれません。