LINE乗っ取り確認方法!最悪の場合はアカウント削除?

security_2107

LINEアカウントの乗っ取り被害について、なんとなく聞いたことがある方は多いでしょう。この乗っ取り、じつは最悪の場合、アカウント凍結やデータ全削除などを起こす場合がある、非常に恐ろしいものです。

このような被害を防ぐために、乗っ取りされていないか確認する方法や、乗っ取られていた場合の対処方法、また予防策などをまとめて解説します。

1. LINE乗っ取りとは?

LINE乗っ取りとは、文字どおり持ち主ではない者が、他人のLINEのアカウントを乗っ取ることです。具体的にどのようなものか、犯人やその目的、手口など基本的な部分を解説していきます。

1-1. 乗っ取りの目的とは?

LINEの乗っ取りをするのは、基本的に「業者」です。乗っ取ったアカウントの持ち主を装って、その友だちに「Webmoneyプリペイドカード(もしくはiTunesカードなど)」を買うように指図します。

Webmoneyとは電子マネーといって、インターネット上で利用できる金銭です。これを手に入れるため、乗っ取って詐欺行為をおこなうわけです。

1-2. 乗っ取りの手口とは?

おそらく、つぎに紹介する2つのいずれかが手口と思われます。心当たりはありませんか?

1-2-1. 電話番号を尋ねて乗っ取り

「携帯番号教えて」とか「番号忘れちゃった」などと言って、番号を聞いて認証を求めるパターンです。このときに電話番号と認証コードを教えてしまうと、アカウントを乗っ取られてしまうことがあります。

友だち同士で「番号教えて」という会話をすることはあるかもしれません。しかし「認証コードを教えて」と言ってきたら、まず詐欺と考えて間違いないでしょう。絶対に教えてはなりません。

1-2-2. アカウントに不正ログイン

パスワードをランダムで入力したり、流出したアカウント情報を使ったりして、不正にログインする方法です。つぎの3種類が考えられます。

総当たり攻撃:ID・パスワード欄にランダムで文字列を入力していき、ログインを試す方法
辞書攻撃:辞書に載っているカンタンな単語の組み合わせで、ログインを試す方法
パスワードリスト攻撃:他サイトで流出したログインID・パスワードを使った不正ログイン

不正アクセスの対策!手口と事例を知って被害を防ぐ

2016.02.22

これらの攻撃は、専用ツールにより自動でおこなわれるため、労力はほとんどかかりません。さらに、短くシンプルなID・パスワードだと、非常に容易く破られてしまいます。

2. 乗っ取りをされていないか確認する方法

では、実際に乗っ取られていないか確認する方法を紹介します。スマホから乗っ取られた場合と、パソコンからの場合とで確認方法は異なります。心配な方は定期的にチェックしてみてください。

2-1. スマホでの乗っ取り確認方法

スマホとパソコンでLINEを同時に起動することは可能ですが、複数のスマホ・タブレットで同一アカウントのLINEは起動できません。ログインしようとすると、以下のような画面が表示されてしまいます。

よって、このような画面が表示されたら、第三者にスマホからアカウントを乗っ取られてしまった可能性が考えられます。さらに、この表示がされたスマホ内のLINEデータが全削除されたことを意味します。

2-2. パソコンでの乗っ取り確認方法

乗っ取りがパソコンからであれば、スマホのLINEアプリから乗っ取りを確認することができます。つぎのように操作してみてください。

1. 「右上の歯車アイコン」⇒「アカウント」をタップする

2. 下部の「ログイン中の端末」を選択

3. 「現在ログイン中の他の端末はありません。」と表示されれば、いま現在PCで乗っ取りはされていません。(ただ、現在はログアウトしただけで、少し前に不正ログインされた可能性はゼロではありません。)

このページで覚えのないパソコンからのアクセスがあったら、乗っ取られている可能性があります。その場合、次項のような対処をおこなってください。

3. 乗っ取られている場合の対処法

どうやら乗っ取られているらしい、ということであれば、迅速につぎのような対処をおこなってください。

3-1. パスワードを変更する

すぐにパスワードを変更する必要があります。できれば英数字の混合で、8文字以上が望ましいです。ほかのサービスで使っているのと同じパスワードも避けましょう。変更手順は以下になります。

1. 「右上の歯車アイコン」⇒「アカウント」をタップする

2. 「メールアドレス変更」⇒「パスワード変更」をタップする

3. 本人確認のページで変更前のパスワードを入力し、「OK」→新しく変更したいパスワードを2回入力し、「OK」を選択

この際、同じID・パスワードを使用しているサービスがあれば、そちらもパスワードを違うものに変更しておくことをオススメします。

3-2. 運営側に報告する

ログインできないということであれば、LINEの「問題報告フォーム」からアカウントが乗っ取られたことを報告してください。

問題発生機種「自分のスマホ機種を選択」>サービス「LINE」>カテゴリ「アカウント・登録情報」>詳細「自分のアカウントが盗まれた」を選び、各入力項目を埋めて「送信」を押せば完了です。

こうなると、アカウント削除しかありません。運営側の確認がとれ次第、削除されます。

3-3. 友だちに報告する

乗っ取られたアカウントが、友だちに詐欺をおこなう可能性があります。電話番号やメールアドレスを知っている友だち、もしくはSNSでつながりのある人には、乗っ取られた旨と自分からのLINEは無視するように伝えましょう。

4. 乗っ取られないための予防策3つ

いまは乗っ取られていなくても、今後のために予防策を講じておくことは非常に重要です。つぎのように対策しましょう。

4-1. 複雑なパスワードを設定

前述のように、英数字の混合の8文字以上で設定するのが望ましいです。使い回しもしないようにしましょう。定期的に変更するとさらに安心です。以下の記事を参考にしてパスワードを設定するのがオススメです。

安全なパスワードの作成方法と管理のコツ・強度のチェック

2016.02.08

4-2. パスコードロックを設定

LINEでは、起動時さらに4ケタのパスコード入力を求める設定をできます。面倒にはなりますが、二重ロックをかけることになるので、より安心でしょう。

1. 「右上の歯車アイコン」⇒「プライバシー管理」をタップする

2.「パスコードロック」をタップして、自分で決めた数字4桁を入力
※この数字は、スマートフォン自体のパスワードと必ず違うものにしましょう

4-3. 他端末ログインを許可しない

パソコンやタブレットなど、ほかの端末からログインできなくなる、というデメリットはありますが、乗っ取りリスクを下げられる方法です。

1. 「右上の歯車アイコン」⇒「アカウント」をタップする

2. 「ログイン許可」のスイッチをオフにする

まとめ

LINEの乗っ取りは、決して他人ごとではありません。日ごろから乗っ取りをされていないかチェックしておき、パスワードを複雑なものにする、定期的に変更するなどの対策が重要といえるでしょう。

また反対に、友だちが「Webmoneyカードを買ってきて」と言ったら乗っ取りを疑い、SMSやSNSなどで本人に確認するとよいです。互いに乗っ取り・詐欺被害の両方に引っかからないよう、注意して利用してください。

LINE乗っ取りに関連する記事

LINEアカウント乗っ取り手口!被害を防ぐ対処法と撃退法
⇒手口はますます巧妙化していくと考えられています。過去に発生したLINE乗っ取り手口と対処法について解説いたします。

LINE乗っ取りの症状は?すぐ対応しないとキケン!
⇒LINEが乗っ取られた際の症状を解説します。

LINE乗っ取りの新手口!電話番号を聞かれたら要注意
⇒電話番号を利用したLINE乗っ取りの手口ついて解説します。

LINE乗っ取り2つの原因&突然のアカウント削除も乗っ取り?
⇒LINE乗っ取りの原因と、アカウントの利用停止・削除の原因と乗っ取りの関係について解説します。

security_2107