スマートフォン

スマホでネットを見たらセキュリティ警告が!これって大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
security_1187

スマホでインターネットを見ていると、たまに「ウイルスに感染しました」「セキュリティ脅威が発見されました」という表示が出る場合があります。

このようなセキュリティ警告の表示は、いかにも不安を煽る文面なので、焦ってしまうかもしれません。しかし、このような表示はまったくのウソであることが多いのです。

1. こんな警告が出ませんでしたか?

スマホで表示されることがある、有名な警告の表示をいくつかご紹介します。【ニセ警告】と表示のあるものは、それほど心配する必要はありません。

1-1. あなたの携帯は感染しています。【ニセ警告】

まず、スマホにはセキュリティソフトを入れていないのに、親切にも「ウイルス感染した」と教えてくれるシステムはありません。このような表示はウソなので信じないようにしましょう。

まず「スマホでネットを観ただけでウイルス感染することはほぼない」といえます。データが破壊されるなどの記述もウソです。無視して問題ありません。

1-2. バッテリーが損傷しました!【ニセ警告】

そもそも、ウイルスによって物理的にバッテリーやSIMカードが損傷することはありえません。それに、サイトにアクセスしただけで損傷具合が分かるなんておかしいですよね。

また、アプリをインストールすれば損傷が直るというのもおかしい話です。当然ウソなので、無視してください。

1-3. 最新バージョンへのアップデート【ニセ警告】

OSのアップデートを促すタイプの警告もあります。ウイルスやバッテリーの損傷と比べるとリアリティがありますが、これもウソです。

サイトを見ていて突然アップデートを促すページに飛ばされることはありませんし、アップデートするのであれば、通常の方法でホームからおこなえばよいでしょう。

1-4. このサイトのセキュリティ証明書には問題があります。【本物】

security_992

このような表示が出た場合は、サイトのセキュリティ面でなんらかのエラーがあります。信用できるサイトでなければ、アクセスは控えたほうがよいでしょう。アクセスしなければなんの危険もありません。

このエラーはパソコンでも表示されることがあり、警告の内容は同じなので、以下の記事を参考にしてみてください。

「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」とは?
サイトを見ようとアクセスしたら「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」というエラーが表示されること、たまにありますよね。このセキュリティ証明書と...

2. ニセの警告が出たらどうするべき?

では、このような警告表示が出たらどう対処したらよいのでしょうか。まずは落ちついて、つぎのように操作してください。

2-1. なにもせず閉じるのがベスト!

ニセのセキュリティ警告は、おもにアプリをインストールさせるのが目的です。

「ウイルスに感染しているので、このアプリをインストールしてください」や、「いますぐここからアップデートしてください」などと表示されていても、絶対にインストールしないでください。

2-2. アプリのインストールやリンクを押すのはNG

じつは、セキュリティ警告よりもこのアプリのほうが危険です。セキュリティアプリを謳いながら、じつは逆にウイルスがインストールされたり、電話帳や通話情報などが抜かれたりする場合があります。

セキュリティアプリをインストールしたい場合、わざわざあやしいアプリを選ぶことなく、大手の有名なものにしましょう。

また、リンクがあった場合もどんなページに飛ばされるか分かりません。むやみにタップしないほうがよいです。

2-3. 不安なら正規のセキュリティアプリでスキャン

いくらこの警告表示は無視して大丈夫、と聞いても「万が一、感染していたら・・・」と不安に思う場合があるでしょう。そんなときは、正規のセキュリティアプリでスキャンしてもよいでしょう。

おそらくなにも検出されないか、検出されたとしても問題なく駆除できるはずです。とくにiPhoneはウイルスに強いので、問題ないはずです。なお、スマホ用セキュリティアプリは以下の記事で紹介しています。

【2017年最新版】Androidの無料セキュリティアプリを比較してみた
近年、スマホをターゲットとしたウイルスが急増しています。とくにAndroidはiPhoneよりウイルス感染のリスクが高く、パソコンと同様にセキュリティ対策が必要となってき...

【徹底比較】iPhone向けセキュリティアプリはどれがよい?
iPhoneはセキュリティ性能が高く、ウイルスに感染しにくいといわれます。しかし、絶対に安全とは言いきれません。そのため、最近はiOS向けのセキュリティアプリも次々と...

3. 何度も警告が表示されるときの対処法は?

上記のようなニセのセキュリティ警告が何度も表示されるとき、履歴とキャッシュを削除すれば表示されなくなる場合が多いです。

3-1. iPhoneでニセ警告を表示させなくする方法

警告が表示されたらホームボタンを押してブラウザを閉じ、つぎのように操作してください。

1. 設定アプリを起動→「Safari」

security_1139

2. 「履歴とWebサイトデータを消去」を選択

security_1140

3-2. Androidでニセ警告を表示させなくする方法

Androidでも、iPhoneと同様にブラウザを閉じてからつぎのように操作してください。なお、項目名や手順は機種によって多少異なります。

1. 設定の「アプリ」→「Chrome」を選択

security_49

2. 「キャッシュを消去」を選択

security_50

この方法でも消えなかった場合、なんらかの原因でウイルス感染している可能性があります。スマホ用のセキュリティアプリでスキャンしてみるのがおすすめです。

まとめ

サイトを閲覧しただけで警告が出ると、驚いたり不安になったりしてしまうかもしれません。しかし、多くの場合は「無害」だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

スマホで警告が表示された場合、つぎのように対処すれば問題ないので参考にしてください。

  • あやしいリンクは押さない
  • 不自然な警告は無視する
  • あやしいアプリはインストールしない
  • セキュリティ証明書に問題のあるサイトはなるべく見ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【2017年 脅威レポート】 特別プレゼント

・「セキュリティ診断」で何がわかるの?
どんな危険が見つかっているの?
どんな被害が発生しているの?

もし、あした「情報漏えい事故」であなたの会社がニュースになったら?
攻撃者は、自動攻撃ツールを使って24時間365日、攻撃できるスキマを狙っています。
セキュリティ事故は、いつ起きてもおかしくありません。

【2017年 脅威レポート】では、弊社が実際に疑似攻撃(ペネトレーションテスト)をおこない、検証した結果から、注意すべき脆弱性・実際に多かった不備などをお伝えします。

「今、どんな被害が起きているのか?」
最新のセキュリティ脅威を知って、事故を未然に防ぎませんか?
ぜひダウンロードして、今後のセキュリティ対策にお役立てください。


【2017年版 脅威レポート】の内容


1. おもなWebアプリケーション診断項目
2. ペネトレーションテストの内容とは?
-2016年度ペネトレーションテスト初回診断時総合評価の結果一覧
-脅威レベル深刻度別・脆弱性の該当比率一覧
3. 2016年度に多く検出された脆弱性とは?
4. ペネトレーションテストで発見した、新たな脅威とは?
-最近また増えた、ウイルス感染配布サイト
-パケット改ざんプログラムによる被害

無料Ebookを今すぐダウンロードする