【2016年最新版】Androidの無料セキュリティアプリを比較してみた

security_1096

近年、スマホをターゲットとしたウイルスが急増しています。とくにAndroidはiPhoneよりウイルス感染のリスクが高く、パソコンと同様にセキュリティ対策が必要となってきました。

そこで、気軽に対策できる無料のセキュリティアプリをご紹介。それぞれの機能やスペックについて比較していくので、必要とする機能を持ったアプリを探してみてはいかがでしょうか?

目次

1. 【無料】Androidおすすめセキュリティアプリ5選

Androidスマホで使えるフリーのセキュリティアプリは、数多くあります。そのなかで人気が高く、性能や動作の軽さといった面で優れているものを厳選紹介!

1-1. AVAST Mobile Security

security_862

パソコンでもおなじみの無料セキュリティソフト、アバストのAndroidバージョンです。新たなアプリをインストールした際に自動スキャンするほか、サイトのブロックや着信・SMS拒否機能などもあります。珍しいのはアプリロック機能で、LINEなど別のアプリにロックをかけることが可能です。
»Mobile Security & Antivirus

おもな機能

  • アプリ自動スキャン機能
  • ウイルス感染のリスクがあるサイトをブロック
  • アプリの権限チェック
  • 着信、SMS受信拒否機能
  • アプリロック機能

スペック

  • 日本語対応
  • 機種端末で異なる

1-2. Avira Antivirus Security

security_863

こちらも、パソコンのセキュリティソフトとして知名度の高いアビラのアプリです。Windows向けのセキュリティソフトでは世界シェア第3位というだけあって、信頼できます。動作も軽く、ウイルス検出率も問題ありません。
»Avira Antivirus Security

おもな機能

  • 電話、SMSの受信拒否機能
  • 盗難・紛失対策機能もあり
  • メールのスキャン機能あり

スペック

  • 日本語非対応
  • 機種端末で異なる
  • 一部有料(サイトの安全診断)

1-3. スマートフォンセキュリティ アンチウイルス

security_864

ウイルス対策のための機能だけを搭載したセキュリティアプリです。ずっと無料のアプリでありながら、ウイルス検知率は世界最高水準を誇ります。SDカード内のスキャンもできるので、スマホのデータにウイルスが潜んでいないか、トータルにチェック可能です。
»スマートフォンセキュリティ アンチウイルス

おもな機能

  • SDカード内のスキャンも可能
  • アプリのインストール、アップデート時に自動スキャン

スペック

  • 日本語対応
  • Android OS 3.0以上対応

1-4. AVL

security_865

「APP-ONLY SCAN」を押すだけでスキャンされるなど、日本語非対応なものの比較的使いやすく、動作も軽いアプリ。ウイルス検出率が高く、2013年のAV-TEST賞(ウイルス検出率の評価)を受賞しています。
»AVL

おもな機能

  • 端末内のほかSDカード内のスキャンも可能
  • ウイルス感染リスクがある有害サイトをブロック
  • アドウェアまで検知
  • 着信、SMS受信拒否機能

スペック

  • 日本語非対応
  • Android OS 2.3以上対応

1-5. TrustGo Antivirus & Mobile Security

security_866

かつてはウイルス検出率が非常に優秀なアプリでしたが、最近は性能試験が実施されていないので、データが不明です。アプリのウイルススキャンのほか、バックアップや遠隔操作など多彩な機能を備えています。それでいて動作も軽いのが特徴。
»Antivirus & Mobile Security

おもな機能

  • アプリのスキャン機能
  • フルスキャン機能で隠されたウイルスも検出
  • データのバックアップ機能
  • 盗難、紛失対策の遠隔操作機能あり
  • アプリの権限チェック

スペック

  • 日本語対応
  • Android OS 4.0以上対応

2. どのアプリがいい?目的別アプリの選び方

前項で紹介したようにAndroidのセキュリティアプリは数多くあり、それぞれ機能もさまざまです。そこで、どれを利用したらいいか迷ったときの選び方をアドバイスします。

2-1. 目的:ウイルス検出率が高い、動作の軽いものがいい!

現状でAndroidはパソコンより被害件数が少ないものの、実際にウイルス感染被害は増加してきています。その感染経路は、おもにウイルスの入ったアプリのインストールです。そのため、端末内やアプリスキャン機能のあるものを選ぶとよいでしょう。

そんな方にピッタリのアプリは・・・

前項のどれもおすすめ

前項で紹介したアプリはどれもウイルス検出率が優秀で、動作も軽いです。そのため、機能を確認して「この機能がほしい」と思えるものを選ぶとか、日本語のアプリにしよう、という感じで選ぶとよいでしょう。

いずれにしても無料なので、いくつか使ってみて最終的に選ぶという手もあります。

2-2. 目的:紛失・盗難に備えておきたい!

外出していて、飲食店やトイレにスマホを置き忘れてしまった・・・といった経験がありませんか?つい忘れてしまうという方は紛失対策をするのもよいでしょう。

紛失・盗難防止アプリを入れておけば、万が一のときもスマホが手元に戻ってきやすくなります。

そんな方にピッタリのアプリは・・・

  • Avira
  • TrustGo

2-3. 目的:有害サイトのアクセスをブロックしたい!

たとえばお子さんが有害サイトを見てしまわないようにしたい!とか、フィッシング詐欺などの被害を防ぎたい!というときにおすすめなのが、有害サイトのブロック機能があるアプリです。

そんな方にピッタリのアプリは・・・

  • AVAST
  • AVL

2-4. 目的:日本語のセキュリティアプリを使いたい!

たとえ使いやすくても、やはり外国語のアプリは抵抗がある・・・という方のために、日本語で使えるアプリを紹介します。

そんな方にピッタリのアプリは・・・

  • スマートフォンセキュリティ アンチウイルス
  • TrustGo

2-5. 目的:有料アプリも無料で使えるって聞いたけど?

有料のセキュリティアプリは、基本的に30日間無料というものが多いです。それらをいくつか無料でハシゴしてみるというのもよいでしょう。もちろん、勝手に有料版に切り替えられることはないので、気軽に利用できます。

また、パソコンですでにセキュリティソフトを入れている方は「マルチデバイス版」でないか確認してみてください。

マルチデバイス版というのはソフトを1つ購入したら、パソコン・スマホ・タブレットをトータルで保護するというソフトです。マルチデバイス版がすでにあれば、有料ソフトをスマホでも無料で使えるようになります。

そんな方にピッタリのアプリは・・・

  • ESET パーソナル セキュリティ
  • ノートン 360 マルチデバイス
  • ウイルスバスター マルチデバイス ほか

3. アプリ以外でやっておくべきセキュリティ対策

Androidのセキュリティ対策で、セキュリティアプリはたしかに効果的です。しかし、そのほかにもやっておくべきことがいくつかあります。

3-1. OSやアプリは最新版にアップデート

OSは定期的に最新版が公開されていますが、その更新項目のなかには「セキュリティの問題点の解消」など重要な項目が含まれる場合があります。

アップデートをしないと、このセキュリティの問題をそのまま放置することと同じで、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

またOSだけでなくセキュリティアプリも、つねに最新版に更新することが望ましいです。セキュリティアプリは、更新することで新しく登場したウイルスに対応できるようになります。最新の脅威からスマホを守るためには必須です。

3-2. あやしいアプリをインストールしない

Android向けアプリのなかには、ウイルスを含んだ悪質なアプリがあります。できるだけGoogle Playでアプリを取得するようにするほか、アプリの提供元があやしいものはインストールしないようにしましょう。

口コミもチェックしたほうがよいですが、なかにはサクラを使って評価を異常に高く見せている場合もあるので、その点に注意しながらインストールしても問題ないか考えてください。

また、ウイルスの入ったアプリでとくに多いのは、ポケモンGOなど人気ゲームになりすましたものや、スマホの電池消費を抑えるなど便利なツールを装ったアプリです。本物かどうかをよく確認しましょう。

3-3. 暗号化されていないWi-Fiの接続を控える

ウイルスとは少々異なる話ですが、公衆無線Wi-Fiの利用にも注意が必要です。最近は公共施設や飲食店など、無料のWi-Fiを利用できる場所が増えてきました。

しかし、暗号化されていないWi-Fi(パスワード制限がない)でインターネットを利用すると、回線を提供している人物に情報が丸見えになってしまうのです。

security_867

※暗号化されているWi-Fiは右側のアイコンに小さなカギのマークや、「WPA/WPA2で保護」などと書かれているのが特徴です。「WEP」は暗号化としては弱いので、WPA/WPA2を推奨します。

たとえばお店で無料提供しているWi-Fiが「Shop_wifi」という名前だった場合、悪意ある人物が「shop_free_wifi」など似た名前にしていると、間違って接続する人もいるでしょう。これに繋いで情報の通信をした場合、カンタンに個人情報を盗まれてしまいます。

Wi-Fiを悪用したハッキングについて、くわしくは以下の記事で紹介しています。

security_672スマホはカンタンにハッキングされる!?驚きの手口と対策
スマホも、パソコンと同様にハッキング(クラッキング)を受けることがあります。しかも、多くの利用者がいるであろう「アレ」を使っているだけで、スマホに触れられる...

3-4. ワンクリック詐欺・フィッシング詐欺に注意

こちらもウイルスではありませんが、ネット関連の詐欺にも注意してください。セキュリティアプリによっては有害サイトをシャットアウトしてくれますが、場合によってブロックしきれないこともあります。

3-4-1. ワンクリック詐欺とは?

リンクをクリックするだけで「ウイルスに感染しました。このアプリで除去してください」とか、「出会い系サイトのご登録ありがとうございます」などと表示する詐欺のことです。覚えのない料金請求や登録完了という表示は、基本的に無視して大丈夫です。

ただ、「ウイルスに感染しました」という表示は、事実の可能性もあります。一応正式なセキュリティアプリでスキャンしたほうがよいでしょう。その代わり「このアプリで除去してください」と示されたアプリはインストールしないでください。

くわしくは、以下の記事で紹介しています。

security_51ワンクリック詐欺の対処法!iPhone・スマホ・PC版
ワンクリック詐欺とは、これまでパソコンを標的とした詐欺の手口でした。しかし、スマートフォンの普及に伴って、新たなワンクリック詐欺サイトも増加の一途をたどって...

3-4-2. フィッシング詐欺とは?

たとえばネット銀行の運営者になりすまして、メールで「情報漏えいの疑いがあるので、こちらからログインしてご確認ください」などとニセサイトのURLを添付→そこにログイン情報を入力するとその情報が盗まれる・・・という手口の詐欺です。

くわしくは、以下の記事で紹介しています。

security_186フィッシング詐欺の被害事例 - 手口と見分け方・対処法
気づかないうちにWebサイトのアカウントが乗っ取られたり、クレジットカード番号を盗まれたりする・・・それがフィッシング詐欺です。「個人情報が流出しました」などと...

まとめ

Androidのおすすめセキュリティアプリと、実施すべきセキュリティ対策について解説しました。スマホのセキュリティはあまり気にしてなかった・・・という方は少なくないと思われますが、スマホを狙ったウイルスは増加しているだけでなく、感染の手口が巧妙化しています。

電話帳のデータを盗まれて、友だちに大量の迷惑メールが送られてしまった!とか、クレジットカード情報を盗まれて悪用された!など最悪の事態を招かないように、日ごろから注意することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る