LINEのセキュリティ設定!安全に利用するために

security_323

LINEのセキュリティ設定は行っていますか?

便利なツールだからこそ、気をつけて使う必要があります。LINEは、第三者にログインされてしまうと、プライベートなやり取りがすべて見られてしまいます。

セキュリティ設定をしっかりしておかなければ、他人に見られたくない秘密の情報が漏れてしまう恐れがあります。そこで、LINEの基本的なセキュリティ設定の方法をご紹介します。

LINEの基本的なセキュリティ設定

1.パスコードロックをオンにする

もしiPhone本体のロックを見破られたときでも、LINEを開くときにパスワードを設定すれば、LINEを見られることはありません。

[設定] → [プライバシー管理] → [パスコードロック]をオンにする、またはチェックをつける

security_95

2.「PINコード」を設定する

PINコードで本人確認設定をすると、スマホからログインするときに今までのパスワード+PINコード(4ケタ)の入力が必要になります。

[設定] → [アカウント] → [PINコード] → [4ケタの数字を入力]し、OKを押す

security_96

security_97

3.「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」をオフにする

あなたの電話番号がアドレス帳に登録されている、または自分のアドレス帳に登録している人を自動で友だち追加できないようにします。

アドレス帳に登録している知人が電話番号を変えるなどして、新しくその電話番号を使っている人があなたのLINEの友だちに追加されることを防ぎます。

[設定] → [友だち] → [アドレス帳] → [友だち自動追加] → [友だちへの追加を許可]をオフにする

security_98

4.「ID検索の許可」をオフにする

自分のIDを検索できないように設定すれば、知らない人に勝手にID検索されないようにできます。

[設定] → [プライバシー管理] → [IDの検索を許可]をオフにする

security_99

5.「メッセージ受信拒否」をオンにする

友だち以外からのメッセージを受信しないようにできます。IDを知られたくない人に知られてしまったときなど、友だちになっていなければその人からのメッセージを拒否できます。

[設定] → [プライバシー管理] → [メッセージ受信拒否]をオンにする

security_100

6.「他端末ログイン許可」をオフにする

パソコンからのログインは、特に注意すべきです。他端末からのログインを許可しないことで、iPhone以外からLINEを見ることはできなくなります。

※ただ、この設定をしていてもIDとパスワードを知られてしまうと他のスマホからログインできてしまうので、気をつけてください。

[設定] → [アカウント] → [他端末ログイン許可]をオフにする

security_101

「ログイン中の端末」も確認

他の端末からあなたのLINEにログインしているときは、ここに表示されます。知らない端末からログインされているときは、すぐにログアウトします。

security_102

パソコンからのログインには「認証番号」が必要

パソコンからLINEにログインするときは、この認証番号が必要です。

PC版LINEにメールアドレスとパスワードを入力してログインしようとすると、4ケタの数字が表示される

security_103

同じメールアドレスとパスワードでログインしているスマホのLINE画面が「本人確認」画面に変わり、パソコンに表示された4ケタの数字すると、ログイン完了。

security_104

この本人確認システムがあるので、誰かが勝手にあなたのLINEにパソコンからログインしようとすると、あなたのiPhoneにこの本人確認画面が表示されるため、不正ログインに気づけます。

もしこの画面が表示されたら、「閉じる」ボタンを押してください。

自分でPCからLINEにログインするときは、最後に「ログアウト」する!

パソコンの電源を切るときでも、かならずLINEからログアウトしてからにします。パソコン本体のパスワードも設定し、席を離れるときはかならずロック画面にしてからにしましょう。

7.のぞき見防止!「メッセージ通知の内容表示」をオフにする

LINEを起動していなくても、メッセージが届いたときに相手と内容が画面に表示される機能があります。この通知は、ロック中の画面にも表示されてしまいます。iPhoneを置いてその場を離れると、相手からきたメッセージが表示され、他人に盗み見られてしまいます。

便利な機能ですが、セキュリティ面ではオフにすることをおすすめします。

[設定] → [通知] → [メッセージ内容表示]をオフにする

security_109

8.タイムラインの「公開範囲」を設定する

自分が投稿したタイムラインを見せるor見せない公開範囲は、その人ごとに設定できます。

[設定] → [タイムライン] → [公開範囲設定] → [友だちごとの公開/非公開を指定] → [保存]を選択

security_106

security_107

この設定をすれば、「友だち」あてに投稿した内容は、「公開」にした友だちにしか表示されません。

※「新しい友だちに自動公開」に注意

「友だち自動追加」をオンにしている場合、自動で友だちに追加された人が、タイムラインの公開リストにも自動で追加されてしまいます。これを防ぐためには、つぎの設定をします。

[設定] → [タイムライン] → [新しい友だちに自動公開]をオフにする
security_108

まとめ

LINEのやり取りを見られてしまう事件を見て、自分は大丈夫か心配している人は多いでしょう。基本的なセキュリティ設定を行っていなというのは、現代社会において最も危険な行為です。まずは、紹介したセキュリティ設定を実施してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、注意すべき攻撃手口はこれ!【2016年最新セキュリティ脅威レポート】 特別プレゼント

・「セキュリティ診断」で何がわかるの?
どんな危険が見つかっているの?
どんな被害が発生しているの?

もし、あした「情報漏えい事故」であなたの会社がニュースになったら?
攻撃者は、自動攻撃ツールを使って24時間365日、攻撃できるスキマを狙っています。
セキュリティ事故は、いつ起きてもおかしくありません。

【2016年最新セキュリティ脅威レポート】では、弊社が実際に疑似攻撃(ペネトレーションテスト)をおこない、検証した結果から、2016年注意すべき脆弱性・実際に多かった不備などをお伝えします。

「今、どんな被害が起きているのか?」
最新のセキュリティ脅威を知って、事故を未然に防ぎませんか?
ぜひダウンロードして、今後のセキュリティ対策にお役立てください。


【2016年最新セキュリティ脅威レポート】目次
1. おもなWebアプリケーション診断項目
2. ペネトレーションテスト内容とは?
-2015年度ペネトレーションテスト初回診断時総合評価の結果一覧
-脅威レベル深刻度別・脆弱性の該当比率一覧
3. 2015年度に多く検出された脆弱性とは?
4. ペネトレーションテストで発見した、新らなる脅威とは?
-最近また増えた、ウイルス感染配布サイト
-パケット改ざんプログラムによる被害

セキュリティレポートをダウンロードする >