LINEのセキュリティ対策|不正アクセス防止

security_2574

LINEを日常的に利用する方は非常に多いでしょうが、セキュリティ対策をしておかないと、アカウントの乗っ取りや個人情報の漏えいといったリスクがあります。

このような被害に遭ってしまわないよう、LINEを安全に使う設定やその手順を解説するので、定期的に見直しをしてみてはいかがでしょうか。

パスワードを定期的に変更する

LINEに限らずパスワードの文字列を複雑化したり、定期的に変更したりすることは不正ログイン対策で非常に重要です。

パスワードの変更手順

1. 右上の歯車アイコン ⇒「アカウント」をタップ

2. 「パスワード」⇒ 新しく設定する文字列を2回入力して「OK」をタップ

パスワード設定で注意すべきポイント

  • 複雑な文字列を設定する
  • 分かりやすい単語を使わない
  • 他サイトと同じものを使いまわさない

ほかの端末でログインできなくする

ほかの端末でのログインを許可すると、パソコンやタブレットでも同じアカウントを利用できますが、第三者から不正ログインされるリスクもあります。

ログイン許可をオフにする方法

1. 右上の歯車アイコン⇒「アカウント」をタップ

2. 「ログイン許可」をオフにする

ただし、これを設定すると上記のようにほかの端末から利用できなくなります。スマホだけで利用するようにするか、別アカウントを利用することになるでしょう。

Letter Sealingを有効にする

Letter Sealingとはトーク内容を暗号化する機能です。設定すると、会話の送受信者以外には内容が解読できなくなります。ただ、会話している双方が設定しないと有効になりません。

Letter Sealingの設定方法

1. 右上の歯車アイコン⇒「プライバシー管理」をタップ

2. 「Letter Sealing」のスイッチをオンにする

この機能が有効になっている相手とのトークは、名前の部分にカギのマークが表示されます。

スパムメッセージが来ないようにする

誰でも自分を検索できて、友だち登録できる状態にしていると、知らない人からメッセージが届いたり、悪質なサイトに誘導されたりする可能性があります。

ID検索を拒否する方法

1. 右上の歯車アイコン⇒「プライバシー管理」をタップ

2. 「IDによる友だち追加を許可」のスイッチをオフにする

電話番号検索を拒否する方法

1. 右上の歯車アイコン⇒「友だち」をタップ

2. 「友だちへの追加を許可」のスイッチをオフにする

友だち以外のメッセージを拒否する方法

1. 右上の歯車アイコン⇒「プライバシー管理」をタップ

2. 「IDによる友だち追加を許可」のスイッチをオフにする

まとめ

このような設定をしておくだけで、不正アクセスやアカウントの乗っ取りによる被害のリスクを大きく下げることができます。

しかし、これを設定したらそれでよいわけではありません。定期的にパスワードを変更したり、仕様が変わったらそれに伴って設定を見直したりすることも重要です。

security_2574