LINE乗っ取り防止法・被害時の対処法

security_2571

LINEの乗っ取り被害に遭ってしまうと、悪意ある第三者によって友だちに詐欺行為をはたらいたり、さらにはアカウント削除などがおこなわれたりする可能性があります。

そうならないための防止法と、実際に被害を受けてしまった場合の対処法を紹介いたします。もしものために設定したり、覚えておいたりしてください。

LINE乗っ取りを防止する方法

まず、LINEアカウントの乗っ取りを防止するのに効果的な対策を解説します。

パスワードを複雑化する

パスワードの文字数を多くする、英数字を混合するなど複雑にすると、乗っ取られにくくなります。また、他サイトと同じものを使いまわさない、定期的なパスワード変更も効果的です。

パスワードを変更する方法

1. 右上の歯車アイコン ⇒「アカウント」をタップ

lineのアカウント設定

2. 「パスワード」⇒ 新しく設定したい文字列を2回入力して「OK」をタップ

lineのパスワード設定

ログインできる端末を制限する

LINEの利用をスマホのみに制限することで、乗っ取りリスクを下げることができます。ただし、この設定をおこなうとPCやタブレットで利用できなくなるため、注意してください。

ログイン許可を変更する方法

1. 右上の歯車アイコン ⇒「アカウント」をタップ

lineのアカウント設定

2. 「ログイン許可」のスイッチをオフにする

ログイン許可の設定

LINEを乗っ取られたときの対処方法

つづいて、もし乗っ取られてしまった場合にどうしたらよいかを説明します。

パスワードを変更する

ログインできるようであれば、すぐにパスワード変更をおこないましょう。手順は前述のとおり、設定のアカウントからパスワードを選択し、いまと違うものを設定してください。

覚えのないログインを遮断する

LINEでは現在ログインしている端末を一覧で確認できます。そこから遮断もできるので、覚えのないものがあればログアウトしましょう。

1. 右上の歯車アイコン ⇒「アカウント」をタップ

lineのアカウント設定

2. 「ログイン中の端末」⇒ 遮断したい端末を「ログアウト」をタップ

ログイン中の端末確認

運営に通報する

ログインできない場合、アカウント削除することになってしまいます。LINE公式の「お問い合わせ」から乗っ取りの報告をしてください。運営側が状況を確認次第、削除されます。

乗っ取られた場合の入力方法

  • 問題発生機種:LINEを使用中の端末を選択
  • サービス:「LINE」
  • カテゴリ:「アカウント・登録情報」
  • 詳細:「自分のアカウントが盗まれた」

そのほか、各入力項目を埋めて「送信」。

まとめ

このように、LINEの乗っ取り防止に重要なのはパスワードの管理といえます。覚えるのが大変だからと、ついほかのサイトと同じものを使いまわしたり、短くカンタンな文字に設定したりしがちです。

しかし、それらのパスワードは第三者から容易に見破られてしまいます。面倒ではありますが、長く複雑なものにして、メモなどに残しておくとよいでしょう。

security_2571