マルウェアの感染経路や症状 | 感染を確認したときの対処法

security_2106







マルウェアとは、広義の(コンピューター)ウイルスです。これに感染すると、情報漏えいやデータの消失といった大きな被害を受ける可能性があります。

それを防ぐには、早めに感染の有無を確認して、対処することです。最近パソコンやスマホの調子がおかしいという場合、すぐにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、マルウェアの感染経路や症状、感染を確認したときの対処法について解説します。

マルウェアの感染経路

マルウェアはどのようにパソコンに感染するのか、よくあるケースをご紹介します。

サイトを表示して感染

悪意ある人物の用意したサイト、もしくは悪意ある人物に改ざんされたサイトを閲覧すると、それだけでマルウェア感染することがあります。

電子メール

メールの添付ファイルや記載されたリンク先から感染することがあります。送り主が知り合いであっても、油断は禁物です。なりすましていることも考えられます。

ファイル共有ソフト

Winnyなどのファイル共有ソフトを感染経路として、ネットワーク経路でパソコンのハードディスク内ファイルを公開してしまうケースがあります。

リムーバブルメディア

USBメモリーやCD-ROM/DVDにマルウェアを混入され、使用した際にパソコンが感染することがあります。パソコンへむやみにスマホを接続するのも危険です。

マルウェア感染の症状チェックリスト

マルウェアは種類が多く、それぞれ感染時の症状が異なります。そこで、多くの場合に当てはまる症状を以下にまとめました。あるときから、このような症状が出はじめたら要注意です。

  • 勝手に電源が落ちる、強制終了が増えた
  • 電源を入れてもOSが起動しない
  • あるときから動作が重くなった、フリーズする
  • パソコン、スマホから変な音がする
  • 見たことがないメッセージなどが表示される
  • 勝手にブラウザやプログラムが起動する
  • セキュリティソフトやファイアウォールが勝手にオフになる

マルウェアに感染していないか確認する方法

上記のチェックリストで紹介した症状が出たら、感染している可能性が高いでしょう。また、なかには無症状のものもあります。油断せずつぎの手順で感染確認をしてみてください。

セキュリティソフトをインストール

まず、感染を疑ったらセキュリティソフト(アプリ)のインストールがオススメです。無料で利用できるものもあり、有料ソフトでも30日無料の試用版があります。すでにインストール済みであれば、スキャンしてみてください。

以下の記事でマルウェア駆除ができるソフト・ツールを紹介しているので、参考にしてみてください。Macやスマホに対応しているものもあります。

マルウェアを駆除できるフリーソフト11選|対処方法まとめ

2017.01.24

ニセのセキュリティソフトに注意!

ただ、注意したいのは「ニセのセキュリティソフトもある」ということ。セキュリティソフトを入れていない、もしくは利用しているものと違うロゴで「あなたのパソコン(スマホ)が感染しています!」などの警告表示が出たら、それはニセモノです。

この警告から「このソフトで駆除できます」といったメッセージのリンク先にアクセスすると、駆除する機能のないニセのソフトや、ウイルスそのものをインストールさせようとすることがあります。こういった警告表示は無視して、アクセスしないようにしましょう。

サイトを見ただけでウイルス感染!?正しい対処方法とは

2016.10.21

タスクマネージャーで確認

パソコンでのみ使える確認方法です。Windowsでは「Ctrl」+「Alt」+「Delete」の同時押しで起動します。この「プロセス」タブに表示されているソフトで、異常にメモリ使用量が多いものはありませんか?そのソフトに心当たりがなければ、ウイルスの可能性があります。

なお、Macでは「Command」+「Option」+「Esc」でアプリケーションの終了ができます。



マルウェア感染を確認したときの対処法

では、もしマルウェアに感染してしまったらどう対処すればよいのかをご紹介します。

ウイルス対策ソフトを使用する

基本ですが、まず感染があやしいときはウイルス対策ソフトを使用しましょう。マルウェアが検出されればそのまま駆除できるケースが多いです。

もし入っていないのであれば、下記で紹介する有名セキュリティソフトのインストールをおすすめします。

ノートン(シマンテック社)

シマンテックストア
https://www.nortonstore.jp/

ウイルスバスター(トレンドマイクロ)

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
http://safe.trendmicro.jp/purchase/vb.aspx

ESETセキュリティソフト(ESET)

ESETセキュリティソフト
http://www.eset-smart-security.jp/

Windowsのリカバリーをおこなう

セキュリティソフトで駆除できない場合、最終手段がWindowsのリカバリーです。手順はメーカーによって異なるので、説明書を読んで実行してください。以下で多くの機種に該当する方法を紹介します。

Windowsパソコンのリカバリー手順

  1. 起動してメーカーロゴが表示された頃、[F2]キーもしくは[Delete]キーを連打(東芝[Esc]、レノボ[F1]、エプソン・HP[F10])
  2. BIOSの起動順位を変更(CD/DVDドライブを優先起動)
  3. リカバリーディスクをセット→手順に従って操作初期化後は、インターネットの接続設定やソフトのアップデートが必要です。

リカバリーをおこなっても症状が改善しない場合、マルウェア駆除サービスを実施しているセキュリティ会社や、パソコン修理業者に依頼するしかないでしょう。

スマホでの感染はアプリか初期化

Androidでも不正アプリからマルウェア感染することがあります。動作がおかしい・不安というときは、セキュリティアプリを入れてみるとよいでしょう。

万が一、アプリでも解決しなかった場合は、最終手段として初期化が有効です。スマホのウイルス感染や遠隔操作されていないかの確認・対策は以下の記事で紹介しています。

スマホを遠隔操作する方法と悪用されてないか確認・悪用対策

2016.09.27

まとめ

日々、マルウェアは新種が増え続けています。さらに、感染の手口が巧妙化しているのが厄介な部分。セキュリティソフトも確実にマルウェアを防げるわけではありません。

そのため、インターネットの利用にはふだんからよく注意して、万が一感染していることが分かったら、ソフトなどを使って迅速かつ適切に処置できるようにしておきましょう。




security_2106

RELATED