スマホのバッテリーを長持ちさせる方法!節電と劣化を防ぐコツ

security_1095

スマホの電池の減りが早くて外出先で困る…。残量が少なくてカメラが起動できない。そんな経験はありませんか?

携帯電話とは違いスマートフォンは高性能なのでバッテリーを消費しやすいものですが、使い方のコツを押さえると長持ちさせることができ、電池を劣化させにくくなります。またスマートフォンは携帯電話とはバッテリーの種類が違うので、昔言われていた方法は正しくないこともあります。

スマホのバッテリーを節約するコツ、電池を劣化させないポイント、いざという時役立つモバイルバッテリーの種類と選び方、緊急時に無料充電できるスポットを紹介します。

目次

1. バッテリーを節約するコツ

1-1. 画面の設定

画面の明るさを下げる

バッテリーをいちばん消費するのが、液晶画面です。そのため画面の明るさを下げることで、節電になります。目の疲れも軽減されます。

security_894

画面自動オフまでの時間を早くする

操作しないときは早めに画面をオフにして画面の点く時間を短くすると、節電になります。使ったら毎回自分で画面をオフにするクセをつけると効果的です。

Android: 設定→表示→「バックライトの点灯時間」
iPhone: 設定→一般→「自動ロック」

1-2. 通信、通知の設定

アプリの通知をオフ
マナーモードを「サイレント」にする

アプリごとに通知の有無を設定できます。LINEのポップアップなど画面に表示される通知はオフにします。またサイレントマナーにするとすべての受信のバイブが鳴らなくなるので、節電になります。

●通知オフの設定方法
Android: 設定→アプリ→アプリを選択し「通知を表示」をオフ
iPhone: 設定→通知→アプリを選択し「通知の許可」をオフ

位置情報(GPS)をオフ

位置情報サービスは通信機能やGPSチップへ何度もアクセスするので、電力を使います。Google マップなど、位置情報通信をするアプリを使うときだけオンにします。

アプリの更新や同期、通信をオフ(機内モードにする)
広告の多いアプリは避ける

ウィジェット(SNSやニュース、天気予報など)の表示機能は情報更新のため定期的に通信するので、バッテリーを使います。その分通信容量も圧迫されます。Androidではホーム画面からも削除しましょう。

また電波が弱く不安定な場所では強い電波を探すので、バッテリーを使います。そのため「機内モード」にすると、通信をまとめてオフにできます。Androidでは電源ボタンを長押しすると機内モードが選べます。

security_895

●更新オフの設定方法
Android: 設定→アカウントと同期→「データ自動同期」をオフ
iPhone: 設定→一般→「Appのバックグラウンド更新」をオフ、またはアプリごとに設定する

また無料アプリには広告表示の多いものがありますが、広告を取得し表示するために通信するので、そのたび電力を使います。広告表示のない有料版を使うか、広告を非表示にするアプリ(Adblock Browser、Javelin Browserなど)を使う方法があります。
中には使っていなくても動作するアプリもあるので、不要なアプリはアンインストールします。

Wi-Fi、Bluetoothをオフ

インターネット接続のためのWi-Fiや、イヤホンなどの周辺機器と無線接続をするBluetoothはオンにしていると接続先を探すため、微量ですが電力を使います。使うときだけオンにすると、多少の節電になります。

ライブ壁紙(ダイナミック)ではなく静止画にする
待ち受け画面を動く壁紙にしていると、動きがある分静止画の壁紙よりもバッテリーを使います。

細かいことが多いですが、チリも積もれば省電力にもつながるでしょう。

音声入力をオフにする

オンだと、マイクが常に起動している状態になります。

Android:設定→言語と入力→「Google音声入力」をオフ
iPhone:設定→一般→キーボード→「音声入力」をオフ

1-3. 使わないアプリは消す

購入時から入っているアプリなど、裏で起動するものもあるので、不要なアプリはアンインストールします。

iOS10からは、iPhoneもプリインストールアプリ(天気、カレンダーなど)を消せるようになりました。

1-4. 携帯キャリアの節電モードを使う

機種ごとに節電モードがあり、まとめて省エネ設定ができます。

docomo 非常用節電モード

https://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/emergency_power_saving/saving_mode/

SoftBank 省電力モード

http://help.mb.softbank.jp/201hw/sp/12-09.html

iPhone(iOS9~) 低電力モード

設定→バッテリー→「低電力モード」から設定

2. バッテリーを長持ちさせるコツ

多くのスマホに使われているリチウムイオン電池(Li-ion)は、充電をくり返すと劣化し、最大容量が少しずつ少なくなります。

一般的に充電約500回で新品の50~70%ほどまで劣化すると言われています。毎日充電すると、約2年で容量が半分くらいになるということです。使ううちに電池が劣化していくのは仕方ないことですが、次のような劣化させるポイントを避けることで、長持ちできます。

2-1. 充電しながらスマホを長時間使わない、熱いところに放置しない

充電しながら使うとバッテリーが発熱して熱くなり、スマホ本体も熱くなります。バッテリーは熱に弱いため、発熱状態が続くと負荷がかかり劣化が早まります。リチウムイオン電池の許容最高周辺温度は45度です。

スマホが熱くなったら冷めるまで使用をやめ、夏場の炎天下や冬、暖房機器の近くに放置するのは避けましょう。

またスマホケース(革製、プラスチック、ラバーなど)に入れたままの長時間使用や、卓上ホルダに置いて動画を見るなどはやってしまいがちですが、熱がこもり危険です。通気性のあるスマホケースがおすすめです。

●スマホが熱くなりやすい原因は?

  • 高性能にもかかわらず、パソコンのような冷却機能がない
  • バッテリーが大容量かつ薄型

※冷蔵庫や保冷剤で冷やすのはNG!

急激に冷やすと内部で結露ができ、防水機能も無意味となり故障の危険があります。スマホ用やノートパソコン用の冷却パッドを使うと、効率的に放熱できるでしょう。

~セキュリティ小話~
その昔、ミュージシャンのGACKTさんは、自宅での携帯電話の紛失や、外出先へ持って行くのを忘れることに困っていたそうです。

そこで、毎朝かならず開ける冷蔵庫に携帯電話を入れておくようにしたところ、紛失も置き忘れもなくなったそうです。しかしこれは紛失防止にはいいかもしれませんが、現在のスマホには良くないのでやめたほうがよさそうです。スマホは「常温での保管」がベストです。

2-2. 満タンの状態で充電し続けない、ひんぱんに充電しない

充電中の赤いランプは消えていても、実際は継ぎ足しの細かい充電がくり返されています。これを長時間くり返すと、充電と放電の回数が増え、電池を劣化させてしまいます。
充電が100%になったら、充電コードを抜きましょう。

充電したまま寝る、少し使うたびに充電するのも避けます。帰宅後すぐ充電をはじめ、就寝前までにコードを抜く・または残量10~20%になってから充電するのがおすすめです。こんな便利グッズもあります。

コンセント(節電)タイマー

タイマーで決めた時間に電源をオン・オフできるので、過充電を防ぎます。

2-3. 残量0%で長時間放置しない

バッテリーが空のまま放置すると、過放電となり劣化につながります。残量20~90%ほどで使うのがおすすめです。

ただバッテリーの調整のため、月に1回ほど空にすると良いと言われています。

3. 節電に役立つアプリを使う

節電アプリ

電池残量が少なくなると、節電のため画面照度を下げたりWi-Fiをオフにしたりします。
「節電の達人」(有料)
「バッテリー長持ち・節電 Yahoo!スマホ最適化ツール」など

security_896

CPUやタスクを制限するアプリ

バックグラウンドで動いているムダなアプリを終了させ、動きも軽くなります。
「Clean Master」
「加速マスター」など

通信を制限するアプリ

スマホの画面が消えているスリープ状態のとき、LTEやWi-Fiの通信をオフにします。節電効果は高いが、LINEやSNSの通知がこなくなります。
「iBattery」など

バッテリー持ちを悪くしているアプリがグラフでわかる

「Battery Mix」

※古いスマホだと、アプリを入れると動きが遅くなることがあります。
※不正アプリに注意
節電アプリを装った偽アプリはウイルス感染の恐れがあるので、評価などを見てからインストールしてください。

4. アプリで節電のウソ・ホント

アプリを毎回終了させると節電になる?

iPhoneの場合、使うアプリを切り替えるごとに閉じる必要はありません。iOSのアプリはバックグラウンドで停止します。(位置情報を使うアプリ、音楽、ボイスメモアプリ以外)
むしろアプリを毎回起動し直すことで、余計な電力を使います。

Androidでも、アプリを閉じても寿命が改善されることはない、むしろ、ことをさらに悪化させる可能性があるとAndroidエンジニアリング部門のHiroshi Lockheimerが2016年3月にTwitterで発言しています。

毎回アプリを起動し直すよりも、すでに起動されているアプリなら素早く開くので、そのほうが効率的です。

節電にはアプリを毎回閉じるよりも、画面の明るさを下げる、省電力モードにするなどのほうが効果的です。

ただアプリを開きすぎていると動きが遅くなることがあるので、開き過ぎていたら適度に閉じます。

付属の充電器以外での充電はよくない?

自分のスマホと出力アンペア数が異なる充電器を使うと、問題の起きる場合があります。特に安すぎるものや模造品は危険です。そのため付属の充電器なら安全、ということです。

アンペア数は、充電器に「出力DC5V = 1A」などと書かれているはずです。ただ、最近の機器は標準化が進みアンペアが同じであることが多いです。

5. モバイルバッテリーの種類・選び方

モバイルバッテリーを持ち歩けばコンセントがない外でもいつでも充電できます。
停電や災害時にも役立つので、1つ持っていると安心です。災害時は売り切れることが多いので、今のうちに買っておくことをおすすめします。

5-1. モバイルバッテリーの種類

容量小(3000mAh以下)

小さく軽いので持ち歩きやすく、スマホを半分~1回フル充電できる。充電速度が遅いものも。約1千円~

容量中(4000~9000mAh)

スマホを2,3回充電でき、万が一のときにも安心。約3千円~

容量大(10000 mA以上)

スマホを4回以上充電でき、タブレットでも安心、旅行や出張におすすめ。大きさや重さがある。約5千円~

くり返し充電式

リチウムイオン電池を内蔵し、USB接続でコンセントやパソコンから充電するタイプ。太陽光や電灯で充電できるものもある。

乾電池式

乾電池を入れ替えて使うタイプ。

5-2. モバイルバッテリーの選び方

アンペア数(A:出力電流)に注目

Aとは電流の強さの単位で、数値が高いほどスマホへの充電が高速になり、短時間で充電できます。(2A以上)反対に入力電流は、電源からモバイルバッテリーへのチャージを表す数値です。

mAh(ミリアンペアアワー)かチェック

モバイルバッテリー容量の単位で、数値が高いほどスマホへの充電回数が多くなります。

コードの長さもチェック

かなり短いものから、長めのものがあります。長いほうがカバンに入れたまま使いやすいです。

※大容量の割に値段が安いものには注意
出力回路の性能が低く、記載よりも少ない容量しか使えないもあります。ネットの評価をチェックしてから買うのがおすすめです。

モバイルバッテリーは家電量販店、コンビニ、ドンキホーテ、スーパー、ホームセンター、インターネット通販などで買えます。最近はユニークでかわいい充電グッズが色々あります。

使った後は、モバイルバッテリーの充電も忘れずにしておきましょう。

6. あまりにも減りが早い場合は、電池パックの交換を

電池パックを交換できる機種なら、交換すると電池持ちが新品同様になることがあります。

Androidならキャリアショップで約2,000円~購入できます。どうしてもその機種が気に入っている、買い替えをしたくない場合は、試しに電池パックを交換してみるのも手です。

Androidでは本体カバーを外すと電池パックを取り出せます。劣化していると、電池パックが膨らんで厚みのあることがあります。

ただ長年使っている場合など本体の故障や劣化が原因の場合は、電池パックを交換しても改善されないことがあります。スマホは劣化していくので、一般的に4年での買い替えがおすすめとされています。

iPhoneでは、バッテリーに不具合ありと診断されるとアップルストアで修理交換できます。買ったばかりなのにバッテリーがあまりにも減りやすい場合は、故障や不具合の可能性があるのでキャリアやメーカーに問い合わせてみてください。

7. バッテリーが長持ちしやすいスマホ機種の選び方

7-1. バッテリー容量をチェック

  • 「バッテリー節電」機能がついているもの
  • 製品特長として「大容量バッテリー」を前面に出しているもの

スマートフォンの特長やスペック紹介に、電池容量や電池持ち時間、充電時間、電池パック取り外しの有無が記載されています。

3000~6000mAhあれば大容量と言えるので、スマホを頻繁に使う方におすすめです。

7-2. 省エネ機能をチェック

発熱抑制機能、低消費電力化ディスプレイなど、省電力機能がついている機種があります。

7-3. ディスプレイ、CPUをチェック

  • 画面の大きさ:5インチ以下
  • 解像度の高さ:1280×720ドット以下
  • CPU

これらが高いスマホは、消費電力が大きくなりがちです。
CPUは「Ghz」やコア数の値が大きいほど消費電力が増えます。省電力を重視するなら、小さめのものがおすすめです。

まとめ

  • 特に効果的な節電は、画面照度をダウン
  • バッテリーは熱に弱く、充電しながら使うと発熱し劣化しやすい
  • モバイルバッテリーを持ち歩くと安心

災害などの緊急時に電池切れで連絡が取れなくなると、取り返しのつかない事態になる可能性もあります。ふだんから節電を心がけ、大事なとき困らないようにしたいものです。

残量を気にしすぎて、最新スマホを使っているのにストレスがたまっては本末転倒です。使うときは存分に使い、使わないときに省電力を工夫するのがおすすめです。

外出先などでどうしてもたくさんスマホを使うときは、バッテリーを複数持ち歩くのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る