バッファロー製の無線LANルータに複数の脆弱性

security_620

バッファロー製の無線LANルータに脆弱性の存在が報告されました。

脆弱性が見つかったバージョン

  • WZR-S600DHP ファームウェア Ver.2.16 およびそれ以前
  • WZR-600DHP3 ファームウェア Ver.2.16 およびそれ以前

脆弱性のタイプ

  • ディレクトリトラバーサル
  • 情報漏えいの脆弱性

想定される影響

遠隔の第三者によって、機器内の任意のファイルを取得される可能性、及び、当該製品の認証情報などを取得される可能性があります。

対応方法

開発者が提供しているファームウェアをアップデートしてください。

参考サイト

JVN iPedia 脆弱性対策情報データベース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お客様の個人情報を守れていますか?

連日のように情報漏えい、ネット犯罪の問題が報道され世間を騒がしています。

「うちの会社は小さいから狙われないだろう」と他人事のように思っていませんか?ハッカーは自らの手だけでなく、自動攻撃ツールを使い対策を怠っている企業を無差別に狙っています。結果、知らないうちに次のような被害に遭うリスクが高くなります。

・ホームページ乗っ取り
・パソコン乗っ取り
・メールによる攻撃

情報漏えいを恐れる顧客にとって、しっかりしたセキュリティ対策を行っている企業は、とても安心です。結果として売上向上につながっている企業もあるほどです。

セキュリティ対策を行っていない、現状のセキュリティ対策に不安を感じている方はご相談ください。

お問い合わせフォーム >