SNSのアカウント放置していませんか?悪用されないための対策方法

security_450

昔使っていたけど今は使っていないSNSのアカウントはありませんか?

このようなSNSのアカウント放置は危険です。

すぐに対処しないとアカウントを乗っ取られて、あなたになりきって変な投稿される可能性も!

どんなSNSサービスを使っていたかすら忘れているかもしれませんが、放置するのは危険です。いま一度、今まで登録した覚えのあるSNSサービスを思い出して確認してみてください。

SNSアカウントを放置することの危険

アカウント乗っ取り

もし悪意のある犯行者にパスワードを破られ、ログインされてしまうと、アカウントを乗っ取られて悪用される危険があります。

長いあいだログインしていないと、乗っ取られたことに気づかない恐れがあります。

どのように悪用される?

  • 迷惑メッセージの拡散
  • なりすまし投稿によるフィッシング詐欺サイトやウイルス配布サイトへの誘導、誹謗中傷行為
  • 友だちのフリをした詐欺行為

SNSアカウント乗っ取りによる不正行為が悪質な点は、「本物の友だち」から届いたメッセージに見えてしまう点です。

友人からのメッセージや投稿は、うたがわずにクリックしてしまう人がほとんどでしょう。そのため、一般的な迷惑メールよりもやっかいです。

個人情報漏えい

実名で登録している場合は、特に危険です。住んでいる場所や職場、出身校、参加しているコミュニティなどから、あなたに関する情報の色々なことがわかってしまいます。

すると、情報量の多い価値ある個人情報として、悪質な業者に売られる恐れがあります。また顔写真をのせていたりすると、どんな人物か? よりはっきり判明してしまいます。

個人情報を売られるとどうなる?

  • 迷惑メールや勧誘がくる
  • ストーカーや誹謗中傷に悪用される

またセキュリティ被害とまではいかないにしても、昔書いた日記やつぶやきなど、最近知り合った人には見られたくない投稿を見られてしまうリスクもあります。

対策方法①:アカウントを削除する

使わないサービスは、すぐに解約したほうが安全です。

Facebookアカウントの削除方法

PCの場合

1. マイページ右上の「▼」アイコンを押してメニューを開く→「ヘルプ」

security_436

2. 「ヘルプセンターを見る」

security_437

3. 「アカウントの管理」

security_438

4. 「アカウントの利用解除と削除」

security_439

5. 「自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか。」をクリック→「Facebookにご連絡ください。」をクリック

security_440

6. 「アカウントの削除」

security_442

スマートフォンのアプリの場合

1. 右上のメニューボタン→「ヘルプセンター」をタップ

security_443

2. 「アカウントの編集」→「アカウントの停止と削除」をタップ

security_444

3. 「自分のアカウントを完全に削除するにどうすればよいですか。」→「Facebookにご連絡ください。」をタップ

security_445

4. パスワードを入力し送信。

security_446

Twitterアカウントの削除方法

ツイートを非公開にし、連動する写真投稿サービスを退会する(サービスによりTwitterアカウントを要求されることがあるので)

1. 右上の歯車アイコン→「設定」をクリック

security_447

2. 「アカウントを削除」をクリック

security_448

3. 「@ユーザー名を削除」→「退会する」をクリック

security_449

対策方法②:パスワードを使いまわさない、推測されにくいパスワードにする

同じパスワードで、いくつものサービスに登録するのは危険です。

パスワードは「10文字以上、数字と記号を組み合わせた」予測されにくいものにします。自分のニックネームや生年月日などは絶対に使わないでください。

security_03安全なパスワードの作成方法と管理のコツ・強度のチェック
パスワードの安全性と・強度について考えてことはありますか?難しいパスワードは覚えられないから簡単なパスワードを設定している人がおられます。クレジットカードを...

ふだんから気をつけること

  • 投稿の公開範囲をしっかり設定しておく
  • 検索されないように設定する
  • 位置情報(GPS)つきの写真や投稿はしない
  • 実名で登録しないようにする
  • よく知らない人からの友だち許可はしない

「使わないから別にいいでしょ?」と思いがちですが、今の時代、ネット上に公開した情報は永久的に残ります。めんどうですが、いちど確認することで安全を守れます。

使わないSNSや会員制サイトを、この機会にぜひ整理してみてください。

~今日のセキュリティ川柳~
「ミクシィや モバゲー、グリー 夢のあと」
「SNS 放置するなら 退会を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、注意すべき攻撃手口はこれ!【2016年最新セキュリティ脅威レポート】 特別プレゼント

・「セキュリティ診断」で何がわかるの?
どんな危険が見つかっているの?
どんな被害が発生しているの?

もし、あした「情報漏えい事故」であなたの会社がニュースになったら?
攻撃者は、自動攻撃ツールを使って24時間365日、攻撃できるスキマを狙っています。
セキュリティ事故は、いつ起きてもおかしくありません。

【2016年最新セキュリティ脅威レポート】では、弊社が実際に疑似攻撃(ペネトレーションテスト)をおこない、検証した結果から、2016年注意すべき脆弱性・実際に多かった不備などをお伝えします。

「今、どんな被害が起きているのか?」
最新のセキュリティ脅威を知って、事故を未然に防ぎませんか?
ぜひダウンロードして、今後のセキュリティ対策にお役立てください。


【2016年最新セキュリティ脅威レポート】目次
1. おもなWebアプリケーション診断項目
2. ペネトレーションテスト内容とは?
-2015年度ペネトレーションテスト初回診断時総合評価の結果一覧
-脅威レベル深刻度別・脆弱性の該当比率一覧
3. 2015年度に多く検出された脆弱性とは?
4. ペネトレーションテストで発見した、新らなる脅威とは?
-最近また増えた、ウイルス感染配布サイト
-パケット改ざんプログラムによる被害

セキュリティレポートをダウンロードする >