Twitterの鍵つき垢を相手にバレることなく見る方法はある?

security_388

友だちや知り合いのtwitterアカウントを見つけたとき、内容が気になるけど鍵垢だから見られない!

だからといって、「見せて欲しい」というのは気が引けたり、言いにくいような状態。

そんなとき、相手にバレないようにツイートを見る方法、知りたいですよね。

そもそも鍵垢の仕組みとは?

security_709

Twitterでは「ツイートを非公開にする」と設定すると、「現在のフォロワー」と「鍵をかけたあとに承認をしたユーザー」以外にツイートが見られないようになっています。この非公開設定はいつでもカンタンにオン・オフを切り替えることが可能です。

鍵がついているアカウントをフォローすること自体はできます。しかし、その相手が「承認」をおこなわない限り、ただフォローをしているだけでツイートの内容を見ることはできません。つまり、相手が許可さえすれば見ることができます。

鍵垢のツイートをコッソリ見ることはできる?

security_710

結論からいうと・・・できない!

昔は、鍵つきアカウントをリストに追加することで、内容を見ることができたようです。しかし、現在は仕様が変更されてしまったので、この方法が通用しません。よって、どの方法でも鍵つきのツイートを見ることができない状態になっているのです。

しかし、いまでも「リスト追加すれば鍵垢を見ることができる」と紹介しているサイトもあります。もし、自分がアカウントに鍵をかけているのにリスト追加されたら、その人物があなたのツイートを見たがってリスト追加した、という可能性があります。

どうしてもできない?裏ワザはない?

できないとはいっても、「どうしてもツイートが気になる!」という方は、下記のような方法をおこなってみてはいかがでしょうか。

どうしてもツイートを見たいときは?

security_712

まったくの別人になりきる

友だちになりたいと声をかけたり、BOTとしてフォローをするという方法です。ただ、ネット上で声をかけられることに抵抗があるというタイプの人物からは拒否をされる可能性もあります。

別の友だちに見せてもらう

対象の人物と仲がよく、鍵垢を見られる状態にある友だちに、内容を教えてもらうという方法です。ただ、対象の人物とその友だちの仲がよい場合は見せてもらえない可能性も高いでしょう。

また、その話をしたことで、対象の人物に「○○さんがあなたのツイートを見たいと言ってきた」と伝わって関係が悪化する可能性も考えられます。

このように鍵垢の内容を見るには、かなりムリがある方法しかありません。こっそり見るための裏ワザを知りたい方にとっては、少々残念な結果といえるかもしれません。

鍵垢のユーザーはなぜ鍵をつけるのか?

security_711

そもそも、なぜアカウントに鍵をかけるのでしょうか。そのよくある理由をご紹介します。

リアルの知り合いには見られたくない

日常を赤裸々にツイートしていたり、身内にバレたくない恋愛などの内容を話すことが多い、という方もいます。また、関わりあいを持ちたくない人物に見られるのがイヤというケースも多いです。

仲のよい仲間だけと交流するため

ネット上でいきなり声をかけられたりすることに抵抗があり、知っている仲間や会話をしたい友だちにだけ教えている、というケースもあります。

恥ずかしい内容をツイートしている

キャラクターのなりきりをしていたり、ふだん友だちにも言えない隠れた趣味の内容をネットで話している・・・といった理由で見られたくない方もいます。

交換日記のように利用している

最近は、学生の友だち同士やカップルの交換日記代わりにtwitterを利用しているという方たちもいます。そうなると、メンバー以外にはアカウントを見せない設定にしていることでしょう。

ほかにも「なんとなく」とか「単純に備忘録として使用しているから」など、さまざまな理由があると思われます。いずれにしても、多くの場合は「単純に見られたくないから」ということになるでしょう。

まとめ

鍵がかかって見られない状態にあると、余計に見たくなってしまうかもしれません。しかし、相手は見られたくない理由があって鍵をつけているのです。別人になりきって承認をされたとしても、相手のプライベートをこそこそ見るのはあまりよいものといえません。

見たいのであれば、やはり正面から「見たいので承認してほしい」と伝えるしかないのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、注意すべき攻撃手口はこれ!【2016年最新セキュリティ脅威レポート】 特別プレゼント

・「セキュリティ診断」で何がわかるの?
どんな危険が見つかっているの?
どんな被害が発生しているの?

もし、あした「情報漏えい事故」であなたの会社がニュースになったら?
攻撃者は、自動攻撃ツールを使って24時間365日、攻撃できるスキマを狙っています。
セキュリティ事故は、いつ起きてもおかしくありません。

【2016年最新セキュリティ脅威レポート】では、弊社が実際に疑似攻撃(ペネトレーションテスト)をおこない、検証した結果から、2016年注意すべき脆弱性・実際に多かった不備などをお伝えします。

「今、どんな被害が起きているのか?」
最新のセキュリティ脅威を知って、事故を未然に防ぎませんか?
ぜひダウンロードして、今後のセキュリティ対策にお役立てください。


【2016年最新セキュリティ脅威レポート】目次
1. おもなWebアプリケーション診断項目
2. ペネトレーションテスト内容とは?
-2015年度ペネトレーションテスト初回診断時総合評価の結果一覧
-脅威レベル深刻度別・脆弱性の該当比率一覧
3. 2015年度に多く検出された脆弱性とは?
4. ペネトレーションテストで発見した、新らなる脅威とは?
-最近また増えた、ウイルス感染配布サイト
-パケット改ざんプログラムによる被害

セキュリティレポートをダウンロードする >