iPhone6のスクリーンショット音を消す方法

security_427

iPhoneで開いているページを画像で保存したいときに利用するスクリーンショット。スクリーンショットを撮るときに「カシャッ」と大きな音がなります。

人がいない場所や家で撮る場合はいいですが、静かな場所でをとるときは本当に迷惑です。スクリーンショットを撮っているだけなのに、無断でカメラ撮影されたと勘違いされるのも困ります。

そんなときに便利なのが、ミュージックアプリを利用してiPhoneのスクリーンショットの音を消すやり方です。一時的に音を消すやり方ですが、知っておくと便利です。

専用アプリを使ってスクリーンショットを撮る方法もありますので、2つのやり方を紹介します。

スクリーンショットを撮る方法

まずスクリーンショットを撮る方法をご紹介します。iPhoneのスクリーンショットの撮り方は2パターンあります。

1.「ホームボタン」+「スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)」

security_348

「ホームボタン」と「スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)」を同時に押すとスクリーンショットが撮れます。このときよくある失敗として、以下2つのことがあります。

  • 撮影時にアプリが最小化されてしまう(ホーム画面に戻る)
  • ロック画面になってしまう

そこで、失敗しない撮り方を紹介します。

スクリーンショットを撮るコツ

失敗するやり方として多いのは、ホームボタンとスリープボタンを一瞬同時押しするときです。微妙にタイミングが合わずスリープ状態になってしまうことがあります。

そもそもそんな一瞬だけ同時押しする必要はありません。コツは、スリープボタンを長押し(最大3秒まで)している最中にホームボタンを押せばいいのです。

そして指を話せばスクリーンショットを失敗することなく撮れます。

2.「AssistiveTouch」の利用

iPhoneを長く使っていると、ホームボタンの効きが悪くなってくることがあります。そんな状態でスクリーンショットを撮るのに役立つのが「AssistiveTouch」を利用したやり方です。 それでは手順を説明します。

「AssistiveTouch」の機能をオンにする

1. [設定] → [一般] をタップする

security_349

2. [アクセシビリティ] → [AssistiveTouch] をタップする

security_350

3. [AssistiveTouch] をオンにする

security_351

「AssistiveTouch」を利用してスクリーンショットを撮る

1. 画面に表示されている「AssistiveTouch」のボタンをタップする

security_352

2. [デバイス] → [その他] をタップする

security_353

3. [スクリーンショット] をタップする

security_354

これで、ホームボタンを利用しなくてもiPhoneのスクリーンショットを撮れます。

ミュージックアプリでスクリーンショット音を消す

iPhoneのスクリーンショットを撮影するときに鳴る「カシャッ」という音を消す方法としてとしてミュージックアプリを利用するやり方があります。

無音にはできませんが、ほとんど聞こえない程の音にすることが可能です。

それでは手順を説明していきます。

手順

1. ミュージックアプリを起動します

security_355

2. 曲を再生して、音量を最小(消音)にします

security_356

3. その状態でスクリーンショットを開きたいページを開きます

security_357

4.スクリーンショットを撮影したい画面を開いて、スクリーンショットを撮影します

security_358

「カチッ」という小さな音がします。意識していないと聞こえないほどの音です。

連続してスクリーンショットを撮ると大きな音になってしまうので、何枚も撮りたい場合はミュージックアプリを再度開いて行うことになります。

このやり方は、ミュージックアプリを開いてから「AssistiveTouch」を利用してスクリーンショットを撮ることも可能です。

専用アプリでスクリーンショット音を消す

スクリーンショット専用のアプリを利用すれば、ページの見えている範囲だけではなくページ全体のスクリーンショットを音を消して撮ることができます。

『画面メモSS』- スクリーンショットを無音でフルサイズ保存できる無料アプリ

security_359

画面メモSSは、ウェブサイトをフルスクリーンのスクリーンショット画像として保存することができます。また、保存した画面メモはオフラインでも確認できるのでとても便利です。

security_360

画面メモSSのできること

  • サイトをフルスクリーンのスクリーンショット画像にして保存できます。
  • スクリーンショットは無音で保存される
  • 画面メモにタグを付けて整理分類できる
  • 保存できる画面メモの数に制限なし
  • 画面メモをカメラロールに保存
  • 画面メモをメールに添付
  • Safariから直接起動

『画面メモ』– 無音+無制限でページ全部をきれいにスクショ!

security_423

Webページ全体の画面メモが無制限で保存数できるアプリです。起動してすぐに、Googleキーワード検索、さらにFacebook / Instagram/クックパッドなど人気サイトへの直接リンクも用意しているので、かんたんに画面メモができます。

security_425

WebCollectorのできること

  • 「画面メモ」表示されている部分のみを画面メモ
  • 「全部をメモ」ページ全部を画面メモ

『WebCollector』-ウェブサイトのフルサイズスクリーンショットキャプチャー

security_424

WebCollectorは画面には見えないはみ出た部分まで画像にすることが出来ます。

security_426

WebCollectorのできること

  • QRコードからのウェブアクセス
  • Safariのアドレス欄の先頭に「wc:」を付けるとWebCollectorに遷移
  • 履歴からのアクセス機能
  • ブックマーク機能
  • ソース閲覧機能
  • 手書きツール(アプリ内課金)

iPhoneのスクリーンショット音を消せないのは日本だけ?

iPhoneのスクリーンショット音だけでなくカメラ音を消せないのは日本独自の自主規制のためです。音をならすのは、迷惑行為が社会問題化したことが原因として考えられます。

もし音を消してしまえば、人目を盗んだ盗撮被害の温床となる可能性があります。特に日本は、未成年のアダルトなどの規制が海外よりも強化されていないので、自主規制としてスクリーンショットの音を消せない設定にしているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホームページの健康診断

御社のホームページはハッカー以外から狙われています。仮にハッカーに攻撃されたら諦めましょう。

では誰が狙っているのか・・・それは・・・ハッカーが開発した”自動攻撃ツール”です!

自動攻撃ツールは以下に当てはまるホームページを狙っています。

  • ぱっとみて「情報開示」が多いホームページ
  • ぱっとみて「ホームページの更新や管理がされてない」と判断できるホームページ
  • ぱっとみて「攻撃が成功しそう」と思わせるホームページ

このようなホームページはしつこく狙われ、対策を実施しなければいずれ大きなセキュリティ事故に発展する傾向にあります。

人間の健康診断のように、ホームページも悪いところがないかチェックすることが必要です。

弊社が実施している『ホームページの健康診断』では、ホームページの健康状態(安全性)をチェックし、改ざん、情報漏えいに繋がる致命的な病気(問題点)がないか診断します。

『ホームページ健康診断』を受ける事で、しっかり検診すべきか判断できます。

security_403

答えはこちら >