LINEをはじめたらまず!カンタン初期設定の方法&裏ワザ

security_528

LINEには各種さまざまなメニューがありますが、それぞれの初期設定をご存じですか?

LINEに登録したばかりの初心者さんでも、普段使っていて「あの設定どうするんだっけ?」という方にも、分かりやすくまとめました。

LINEの初期設定の方法をについて解説しますので、ぜひ実践してみてください。

目次

1. まず設定画面の開き方について

では、設定画面を開いてみましょう。

security_284

security_285

下部ツールバーの「・・・」を選択→メニュー画面で「設定」で設定一覧が表示されます。ほかのバージョンでは「歯車マーク」でアクセス可能です。

この設定画面の各項目について、それぞれ設定の方法をご紹介していきます。

2. プロフィールの設定について

ここでプロフィール画像や名前、ステータスメッセージ(一言つぶやき)などを変更できます。

security_516

ちなみにプロフィールの背景画像を変更は、友だち一覧→自分のアイコン→背景画像をタップ→さらに背景画像を選択すれば可能です。

2-1. ID未設定と表示されるのはなに?

LINEは、IDを設定してもしなくても利用することができます。IDとは、ログインの際に使用する名前のようなものです。

2-1-1. IDを設定するメリット

IDを設定すると、「IDから検索」が可能になります。LINEで友だち登録する際、検索できるようになっているとスムーズに登録してもらえるかもしれません。

また、パソコン版など別端末からLINEを利用する際は、IDとパスワードを入力してログインしなくてはなりません。そのため、設定するとパソコンなどからの利用が可能になります。

2-1-2. IDを設定するデメリット

しかし、パソコンで利用できるということは・・・第三者から乗っ取られるリスクも生じてくるという意味でもあります。別の端末から利用できるのは便利ですが、不正ログインされないように注意する必要があるでしょう。

ちなみに、IDは一度設定すると変更したり未設定の状態に戻すことはできません。

2-2. IDで友だち追加を許可とは?

これは、LINE上でID検索に表示させるかどうかの設定です。たとえばIDが「abc」という人の場合、誰かが「友だち追加」のID検索で「abc」と入力すると、プロフィールが表示されるようになるというもの。

誰かに自分のIDを検索されて、友だち追加されたくない!という方は、設定をオフ(ボタンが白い状態)にしておきましょう。

3. アカウントの設定について

プロフィール設定の下の項目である、アカウント設定について説明していきます。

security_517

3-1. Facebookと連携ってなに?

LINEの登録時にFacebookと連携することで、電話番号認証などの手続きが不要になります。電話番号から友だちにアカウントが知られたくない、という方は連携するとよいでしょう。現状、Facebookでフォローしている友だちがLINEで友だち登録されるということはないようです。

3-1-1. Facebook連携のメリットは?

上記のように認証で使用できるほか、機種変更時のデータ引き継ぎがしやすいという点が特長です。LINEは機種変更をしてもデータ引き継ぎが可能ですが、電話番号を変えたりすると過去のトーク内容が引き継がれません。

そんなときにFacebook連携をしておけば、トーク内容や購入したスタンプそのままで機種変更することができます。保存したい会話があって、電話番号を変更する予定がある方も安心ですね。

3-1-2. Facebook連携のデメリットは?

いまのところありませんが、仕様が変更されてLINE上でFacebook上の友だちに「友だちかも?」で表示されるなど、知られたくない人物にアカウントが知れわたる可能性も考えられます。

ただ、上記のアカウント画面から解除もできるので、気軽に連携してみてもよいかもしれません。

3-2. ログイン許可は乗っとりリスクが!

これは、PC版、iPad版でも同じIDを利用して操作できるようになる機能です。パソコンやタブレット端末からもメッセージのやり取りをできて便利ですが、乗っ取りリスクを高めてしまうというデメリットも。パソコンやタブレットでアクセスしない!という方はオフにしてよいでしょう。

3-3. ログイン中の端末で乗っ取り阻止!

現在、そのIDでログインしている端末を表示できる機能です。スマホ版のみでログイン中であれば、通常は「現在ログイン中の他の端末はありません。」と表示されます。

ただ、覚えのない別の端末からアクセスされている場合、乗っ取りがおこなわれている可能性があります。ここで強制ログアウトさせ、パスワード変更などをおこないましょう。

3-4. 全データを消去するアカウント削除

LINEの登録を解除するには、この項目からおこなえます。全トーク履歴や購入したスタンプも消えてしまうので、よく考えてから実行しましょう。

4. プライバシー管理の設定について

ここでは、おもにセキュリティ関連の設定をすることができます。

4-1. パスコードロックでセキュリティを高める

ONにすると、LINEを表示する際に数字4ケタのパスワードを求められるようになります。セキュリティを高めたい方は設定しておくとよいでしょう。

ただし、パスコードを忘れた場合は、LINEのアプリ自体を消す以外に対処方法はありません。そうなると、当然トーク履歴などはすべて消えます。そうならないために、パスワードはしっかり覚えておいてください。

4-2. IDで友だち追加を許可とは?

LINEでIDを設定している場合、自分のIDを検索されてもよいかどうかを設定できる部分です。IDを設定していない場合、設定しても効果はありません。

友だち登録してもらうときに便利というメリットがある反面、ときに出会い系業者などがランダムで検索して、迷惑なメッセージを送ってくることがあるというデメリットもあります。

4-3. メッセージ受信拒否で迷惑LINE拒否!

これをONにすると、友だち意外からメッセージを受信しなくなります。出会い系サイトに勧誘する目的で送られてくるメッセージなどを拒否することが可能です。

ID検索をONにした状態でメッセージ受信拒否にすれば、「検索はできる状態で、友だち登録しないと会話はできない」という状態になります。

5. 通知の設定について

この設定では、LINEでメッセージを受信したときに通知するかどうか、また通知の着信音や表示はどのようにするか、といった設定をすることができます。

5-1. LINEをしばらく受けとりたくないときは一時停止

「1時間」か「午前8時まで」のどちらか、LINEの通知を止められる機能です。1時間、作業に集中したいときや朝まで通知を受けとりたくない、というときに便利。

5-2. メッセージ内容表示を使えば未読でも読める!

プッシュ通知でホーム画面にメッセージの一部を表示するかどうかを設定できます。ひと目で内容を把握できて便利ですが、席を離れたときに誰かからメッセージを見られる可能性も。

5-3. LINE Payとはなに?

LINE Payとは一度カード情報を登録すれば、その後入力なしでスムーズに決済できる新サービスです。ここでの設定は、LINE Payの通知をするかどうかのみになります。

6. トーク・通話の設定について

トーク画面の背景変更から、トーク内容のセキュリティ設定などトーク全般の設定をおこなえます。

6-1. 背景デザインを換えるならここ

トーク画面の背景を変更できます。これは、すべての人物とのトークで反映されます。注意点としては、あまり白っぽい背景にすると、LINEを受け取った時間や既読の表示が白文字のため、見えにくくなるということ。 

6-2. Letter Sealingとはなに?

メッセージを暗号化して、保護するシステムです。仮にLINEのサーバーがサイバー攻撃を受けても、内容を保護できるといいます。

ただし、これは1対1でメッセージをやり取りする、双方が設定していないと効果がありません。今後、初期設定で有効になったり、グループでも適用できるようになるとのことです。

ただ、現状ではiPhone版で設定すると、通知は届くものの通知画面でメッセージの一部を表示できなくなるようです。

6-3. 予測変換のオンオフができるサジェスト表示

携帯電話でいう、予測変換機能のことです。オンにすると、単語やスタンプを予測表示してくれます。

7. 友だちの設定について

友だちを自動追加のON/OFFや、ブロック・非表示リストの管理をおこなえます。

7-1. 自動で追加したいなら友だち追加設定

アドレス帳に登録している知人を、自動でLINEの「友だち」として登録する機能です。友だちがLINEをはじめると、自動で登録が増えます。

7-2. 友だちへの追加を許可でプライバシーを管理

自分をアドレス帳に登録している人に、友だち登録を許可するかどうか設定できます。友だちとコミュニケーションを取りやすくなりますが、LINEをしていると知られたくない人がいる場合は、オフにしておきましょう。

7-3. ブロックと非表示の違いとは?

ブロック・非表示リストというものがありますが、ブロックは登録するとメッセージが届かなくなるので、受けとりたくない相手を拒否するものです。

また、非表示は友だちリストに表示させないだけなので、メッセージは受け取れます。それぞれの効果を比較してみましょう。

このように、効力の強さとしてはブロック>非表示です。

7-4. 友だち削除とは?

文字どおり友だちを解除するものですが、これには二種類あります。

  • ブロックから削除→ほぼブロックと同じですが、相手からメッセージは届きません。
  • 非表示から削除→こちらも非表示と近く、メッセージが届く状態です。

8. タイムライン設定について

タイムラインとは写真の変更が通知されたり、ブログなどに利用できる部分です。これを見せてもいい人・見せたくない人を設定することができます。

公開範囲設定で友だちごとに公開設定が可能です。また「新しい友だちに自動公開」の部分では、新しい友だちに見せるかどうかも選べます。

9. 裏ワザ①:既読をつけずにメッセージを読む方法

忙しいから返信できないけど、話の内容は気になる・・・というとき、既読をつけないでメッセージを見られる便利な方法です。

9-1. iPhoneで既読をつけずに読むには?

通知ではメッセージの一部を見ることができますが、それ以降のメッセージも既読をつけずに読みたい、というときに使える方法です。

1. トーク一覧の画面を開く

security_518

2. 画面下から上にスワイプし、コントロールセンター起動

security_519

3. 飛行機のアイコンを押して機内モードにする
4. この状態でメッセージを読んでも既読はつかない
5. 読んだらLINEのトーク画面に戻って終了させ、機内モード解除。

ほかにも、iPhone 6s以降の機種であれば、3D TouchのPeek機能で軽くタッチすると既読をつけずにメッセージをのぞき見することができます。

9-2. Androidで既読をつけずに読むには?

AndroidでもiPhoneと同様に機内モードで読む方法がありますが、解除すると同時に既読がついてしまいます。そこで、完全に既読をつけずに見られる方法をご紹介します。

1. Google playでアプリ「ちらみ」をインストール

security_520

ちらみ~既読をつけないでメッセージやメールが読めるアプリ

2. メッセージが届いたとき、通知バーから「ちらみ」を開くだけ

Google playでは、ほかにもいくつか既読をつけないで読むアプリが登場しています。「ちらみ」はほかにも8種類のメッセージアプリで使えるので、試しに使ってみてもよいかもしれません。

9-3. パソコンで既読をつけずに読むには?

パソコンでは、トークのウインドウを複数開いておくだけで既読をつけずに読めます。以下のように、複数の友だちとのトーク画面を開いてください。

security_521

じつは、パソコン版で既読がつくのは「一番上に表示されている(アクティブ)ウインドウ」だけ。読みたいトークのウインドウは下にすれば、相手のメッセージをずっとみどく状態で読み続けられます。

10. 裏ワザ②:トークのショートカットをつくる方法

LINEで頻繁に話す人がいるとき、トークのショートカットをつくると便利です。毎回LINEを開いてトーク一覧へアクセスしなくてよくなります。

まず、友だちにURLを教えてもらう必要があるので、友だちにつぎの手順で自分のURLを確認してもらいましょう。

10-1. 自分のトークURLを確認する方法

1. 下部メニューの「・・・」→「友だち追加」→「QRコード」をタップ

security_522

2. 右下の「自分のQRコードを表示」→右上の「V」でメニューを開き、「メール送信」

security_523

3. このメール送信画面に記載されているのが、あなたのトーク画面のURLです。

security_524

10-2. ショートカットをつくる方法

1. 友だちにURLを教えてもらう(URLは上記の方法で確認してもらいます。)
2. URLをもとに、ショートカットアイコンを作成するアプリでアイコン作成

ショートカット作成には、つぎのようなアプリの利用が便利です。

security_525

カンタンショートカットアイコン

これでホーム画面にアイコンが表示されるので、ホームから直でトーク画面に飛んだり、すぐLINE通話をすることができるようになります。

11. 裏ワザ③:ブロックされたか確認する方法

LINEでは、自分がブロックや非表示リストに入れられても、通知などありません。また、相手にメッセージは送れるので、裏技を使わないと確認ができないのです。

11-1. スタンプをプレゼントする方法ができない?

これまでブロックの有無を確認する裏ワザに、ブロックされた相手へスタンプをプレゼントしようとすると「すでに持っています」と出るため、これで確認する・・・という方法がありました。

しかし、iPhone版LINEでLINEアプリからのスタンププレゼント機能が廃止。この方法を試すことができなくなったのです。そこで、つぎの方法を使って確認するしかありません。

11-2. タイムラインを確認する

相手にブロックされると、タイムラインが見られなくなります。これまで見ることができたのに、見られなくなったらブロックされた可能性があるでしょう。ただし、これは確実とはいえません。

なぜなら、単純に投稿を削除した可能性も考えられるためです。また、もともと一度も投稿していなかったのであれば、確認することができません。そこで、合わせてつぎの方法を試してみてもよいかもしれません。

11-3. LINE通話をしてみる

ブロックしているかもしれない相手に電話をするのは勇気がいりますが、ブロックされていれば電話はつながりません。これも、相手がたまたま電話に出られなかったという可能性があるので、確実性はありません。

しかし、話しかけても返事がなく、電話をしてもとくに何も言ってこないようであれば、ブロックされている可能性が高いのではないでしょうか。

12. 裏ワザ④:ブロックされた人に一言伝える方法

ブロックされると、メッセージを送ることができているように見えて、向こうには見えていないので言葉は届きません。それでもせめて、相手に謝罪の気持ちを伝えたい・・・そんなときに使える裏ワザです。

1. 友だち追加ページから「グループ作成」を選択

security_526

2. グループ名に謝罪文などを設定、+マークで謝りたい相手を選択

security_527

ブロックされていても相手にはグループ招待が届くので、謝罪の気持ちを伝えることができます。

まとめ

LINEをはじめたばかりだったり、アップデートされて機能が増えたりして、「この機能はなにができるんだろう?」とよくわからないこともありますよね。

なかには、設定しないと迷惑なメッセージが届いたりする場合もあります。自分がもっとも使いやすく安全な状態で使えるようにいろいろ設定を見直してみてはいかがでしょうか。

また、裏ワザに関しては今後のアップデートでできなくなるものもあるかもしれません。また、成功しない場合もありえます。かならず自己責任でおこなうようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、注意すべき攻撃手口はこれ!【2016年最新セキュリティ脅威レポート】 特別プレゼント

・「セキュリティ診断」で何がわかるの?
どんな危険が見つかっているの?
どんな被害が発生しているの?

もし、あした「情報漏えい事故」であなたの会社がニュースになったら?
攻撃者は、自動攻撃ツールを使って24時間365日、攻撃できるスキマを狙っています。
セキュリティ事故は、いつ起きてもおかしくありません。

【2016年最新セキュリティ脅威レポート】では、弊社が実際に疑似攻撃(ペネトレーションテスト)をおこない、検証した結果から、2016年注意すべき脆弱性・実際に多かった不備などをお伝えします。

「今、どんな被害が起きているのか?」
最新のセキュリティ脅威を知って、事故を未然に防ぎませんか?
ぜひダウンロードして、今後のセキュリティ対策にお役立てください。


【2016年最新セキュリティ脅威レポート】目次
1. おもなWebアプリケーション診断項目
2. ペネトレーションテスト内容とは?
-2015年度ペネトレーションテスト初回診断時総合評価の結果一覧
-脅威レベル深刻度別・脆弱性の該当比率一覧
3. 2015年度に多く検出された脆弱性とは?
4. ペネトレーションテストで発見した、新らなる脅威とは?
-最近また増えた、ウイルス感染配布サイト
-パケット改ざんプログラムによる被害

セキュリティレポートをダウンロードする >