Gmailの迷惑メール対策!受信設定を変更する方法


Gmailを利用していて、知らない相手からスパムメールが送られてきたり、もしくは一般のメールなのに迷惑メールフォルダに入っていたりするとき、ありますよね。

そのままにしていると、スパムメールを誤って開封してウイルス感染や詐欺などの被害に遭ったり、重要なメールが振り分けられて見逃したりすることも考えられます。

そこで、このような問題を解決するための設定方法をご紹介します。

Gmailで迷惑メールをブロックする方法

迷惑メールが通常の受信トレイに届いてしまうとき、迷惑メールフォルダに振り分けられるようにする設定方法をご紹介します。

メールアドレスをブロックする

まず、特定のメールアドレスからのメールを迷惑メールとして設定する方法は以下のとおりです。

パソコンからの設定方法

1. Gmailでブロックしたい相手のメールを開く

2. 右上にあるその他アイコン「︙」をクリック

3. 「「〇〇」さんをブロックする」をクリック

4. 「ブロック」をクリック

スマホからの設定方法

1. Gmailでブロックしたい相手のメールを開く

2. 右上にあるその他アイコン「︙」または「…」をタップ

3. 確認のメッセージが表示されるので「「〇〇」をブロック」をタップ

メールを大量に送信する送信者をブロックする

ニュースレターやメールマガジンなど、自分で登録した覚えがあり、もう受信したくない場合はメール下部にある「登録解除」「メールの設定変更」などのリンクをクリックし、解除するのがおすすめです。

このようなリンクがない場合は、上記の「メールアドレスをブロックする」方法で迷惑メールに振り分けるようにするとよいでしょう。

ただし、登録した覚えがないのに何度も届くメールは、下手にリンクをクリックすると危険です。そのままブロックすることをおすすめします。

Gmailで迷惑メールのブロックを解除する方法

上記で設定した迷惑メールのブロックをおこなう設定を解除したいときの方法について解説します。

メールアドレスのブロックを解除する

上記の方法でメールアドレスをブロックした際の解除方法は以下のとおりです。

1. Gmailを開き、右上の歯車アイコンをクリック

2. メニューから「設定」をクリック

3. 「フィルタとブロック中のアドレス」タブをクリック。ブロック中のアドレス一覧から、解除したいアドレス右横の「ブロックを解除」をクリック

4. 確認のメッセージが表示されるので「ブロックを解除」をタップ

迷惑メール設定をカスタマイズする方法

つづいて、どのような条件のメールをブロックするか、迷惑メールの設定をより細かくカスタマイズしたい場合の方法を解説します。

なお、迷惑メールフィルタ設定のカスタマイズは有料版Googleアカウント「G Suite Basic」にアップグレードのうえ、管理者のみ利用できます。

迷惑メールフィルタのカスタマイズ

1. Google 管理コンソール にログイン(末尾が @gmail.com でない管理者アカウント)

2. 管理コンソールのホームページから、「アプリ」→「G Suite」→「Gmail」→「詳細設定」の順にクリック(「詳細設定」はGmailの下のページまでスクロールすると表示されます)

3. 左側で組織を選択(「迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア」 までスクロールし、「迷惑メール」で「設定」をクリック)すでに設定されている場合、「編集」か「他にも追加」をクリック

4. 新たに設定する場合、新しい名前を入力→「保存」をクリック

※1 高頻度で迷惑メールフィルタを適用するには「積極的に迷惑メールに分類する」にチェックを入れる

※2 組織内ユーザーからのメールを迷惑メールと判定しないようにするには「内部の送信者から受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない」にチェックを入れる

承認済み送信者リストを使用する

「承認済み送信者リスト」に追加すると、そのアドレスもしくはドメインからのメールは迷惑メールフォルダに振り分けられなくなります。設定方法は以下です。

1. 上記「迷惑メールフィルタのカスタマイズ」の設定方法1~4の手順で新しいリストの作成に進む

2. 「これらの承認済み送信者リストにあるアドレスまたはドメインから受信したメールには迷惑メールフィルタを適用しない」にチェックを入れる→「保存」をクリック

迷惑メールフォルダに振り分けられる判定基準

一般のメールであっても、ときに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合があります。その原因はなぜか、Gmailでの判定基準をご紹介します。

既存のメールアドレスと似ている

なりすましメールを防ぐため、既存のメールアドレスと似たアドレスの送信先によるメールは、迷惑メールとして判定されることがあります。

たとえば、数字の「0(ゼロ)」である部分がアルファベットの「O(オー)」になっている、などがこれにあたります。

別のサーバーを経由している

迷惑メールの業者は大手企業のアドレスなどになりすましたり、迷惑メールの送信元であることを隠したりする目的で、別のメールサーバーを経由して送信してくる場合があります。

このようなメールを防ぐため、別のサーバーを経由したメールは迷惑メールとして判定されやすくなっています。

空メール

件名や本文になにも入力されていない、いわゆる空メールの場合も迷惑メールと判定されやすいです。これは、迷惑メールの業者がアドレスの存在を確認する目的で、空メールを送信することがあるためです。

知り合いがテスト送信をおこなうという場合でも、「テスト」などと入力してもらうことで迷惑メールフォルダに入るのを防ぐことができます。

不審なURLが記載されている

大手金融機関のサイトを装うフィッシング詐欺を防ぐために、大手サイトと似たURLが記載されている場合なども、迷惑メールフォルダに振り分けられやすいです。

また、短縮URLサービスを利用して変換したURLも、危険なサイトの可能性があるという理由で迷惑メールと判定される可能性があります。

管理者が設定したポリシー

Googleアカウントを職場や学校などの組織で利用している場合、その管理者が迷惑メールの基準を設定していることがあります。

これに該当するメールは迷惑メールフォルダに分類されるので、上記のいずれにも当てはまらず、通常のメールが迷惑メールフォルダに入る場合は管理者に確認してみてください。

一般のメールを迷惑メールに振り分けない方法

一般のメールが迷惑メールフォルダに振り分けられて困るというとき、通常の受信トレイに振り分けられるようにする方法をご紹介します。

迷惑メールへの振り分けを解除する方法

1. 迷惑メールに分類されたメールを開く

2. メール上部の「迷惑メールでないことを報告」ボタンをクリック

これにより該当のメールが受信トレイに移動され、今後この送信元から届くメールは受信トレイに振り分けられるようになります。

それでもまた迷惑メールフォルダに入ってしまうときは、メールアドレスを連絡先に登録することで、より振り分けられにくくなります。

まとめ

このように、Gmailは特定のメールアドレスからの受信を拒否することはできませんが、迷惑メールフォルダに振り分けることができます。

迷惑メール設定を活用することで、より受信トレイが見やすくなり、また通常のメールを見落としてしまうことが減るので、活用してみてはいかがでしょうか。

無料資料ダウンロード

自分でできるサイトのセキュリティチェック14選

自分でできるサイトのセキュリティチェック14選

無料ダウンロード

ホームページ健康診断

ホームページ健康診断

無料ダウンロード




RELATED