VPNとは|基礎知識と利用方法、メリット・デメリットについて

VPN


インターネットの技術は日々進歩しており、ただ接続して通信の送受信をおこなうだけでなく、安全に使用するための暗号化などさまざまな技術が登場しています。

そんななか、いま注目されているのが「VPN」という技術です。これはどのような機能を持ったものなのか、どのように利用するのか、このような内容を解説していきます。

VPNとは?

VPNとは「Virtual Private Network(仮想専用線)」の略で、インターネット上に設置する仮想の専用線のことをいいます。

特定のユーザーのみが利用でき、暗号化などセキュリティ面で役立つ機能を利用できるため、通常のインターネットよりも安全に通信のやり取りをおこなうことができます。

VPNの種類について

VPNにはいくつか種類があります。それぞれについて解説していきましょう。

インターネットVPN

一般のインターネット回線を使ったVPN接続の方法です。既存のネットワークを使用するため、コストを抑えて構築可能です。インターネットVPNもさらに種類があります。

IPsec-VPN

IP Security Architectureの略です。IPsec自体に暗号化の仕組みがあり、別途暗号化の必要がありません。あらゆるプロトコルから透過的に利用できる部分が特長です。

ただ、途中にアドレス変換(NAT)やポート変換(NAPT)をおこなう機器、たとえば家庭用ブロードバンドルータなどがある場合には使用できません。

SSL-VPN

IPsecと同様、通信を暗号化により保護するVPNです。暗号化にはWebアクセスでも使われるSSL/TLSを用います。

SSL-VPNではSSLに対応したアプリケーションを使うだけでほかにインストールは不要です。ただ、アプリケーションを経由することもあり、速度はIPsecよりやや遅めです。

PPTP

TCP/IPネットワーク上のある機器から、任意のアドレスの別の機器まで仮想的なネットワークを構築し、データを送受信するためのプロトコルです。

Microsoftが提唱したVPNのため、Windowsでの設定が容易という点が特長です。IPsecは送受信のそれぞれにVPNのトンネルを作成しますが、PPTPは送受信ともに1つのトンネルで通信する点が異なります。

L2TP

暗号化について規定がなく、信用できない経路を経由する可能性のあるネットワーク上で利用する場合はIPsecの暗号化を併用する場合が多いです。これを「L2TP/IPsec」と表記します。

IP-VPN

大手通信事業者が用意した閉域網を利用するネットワークであり、契約者のみが利用できるため、暗号化せずに安全な通信をおこなうことができます。ただし、コストがやや高くなります。

エントリーVPN

インターネットを利用せず、安価な光ブロードバンド回線と閉域網でネットワークを構築したものです。特定のユーザーしか利用できないため、低コストで安全を確保できますが、通信が遅くなる場合があります。

広域イーサネット

多様なルーティングプロトコルを設定できるため、ネットワーク構築の自由度が非常に大きいのが特長です。

ただし、すべてのルーティング情報を全拠点で設定する必要があるため、多拠点で利用する際に煩雑となります。通信帯域の範囲や回線費用などは提供業者により大きく異なります。

専用回線とVPNとの違い

VPNは仮想の専用線ですが、では通常の専用線と仕様がどう違うのでしょうか。それぞれご紹介します。

専用回線について

特定のユーザーのみが使用できるという部分はVPNと同じです。しかし、接続できるのは本社と支社など、1対1のみです。支社同士の接続はできません。

通信を一社のみで完全に独占できるので、大容量のデータをやり取りが必要なデータセンター間の通信などに最適です。ただし、接続する距離が離れるほどコストが高額になります。

VPNについて

VPNは本社と支社のみの1対1だけでなく、支社同士での通信もおこなえます。また、接続する距離によってコストも変わりません。

そのため、全国に支社が多い企業がセキュリティ・安全性を保って通信をおこないたい場合に最適です。

VPNのメリット・デメリットについて

VPN接続をおこなうことで、どのようなメリット、デメリットがあるのかをご紹介します。

VPNを利用するメリット

まず、メリットについてご紹介します。

通信内容の盗聴を防ぐことができる

VPNは通信内容を暗号化できるため、第三者から盗聴されるのを防ぐことができます。

専用回線を使うよりコストが安い

専用回線は自社と拠点間しか通信できず、また構築や維持費が大きいですが、VPNは仮想ネットワークのため運用コストを抑えることができます。

距離に関係なく、離れた拠点間で同一のネットワークを使用できる

VPNを利用すれば、たとえば自宅から社内サーバーやシステムへ安全にアクセスできるため、テレワークなどにも最適です。

無料Wi-Fi回線も安全に利用できる

公共の場所で利用できるような無料Wi-Fiはパスワードが掛けられておらず、セキュリティ面でリスクが高いです。しかし、VPNを経由して利用することで暗号化でき、安全に使うことができます。

VPNを利用するデメリット

つづいて、デメリットについてもご紹介します。

セキュリティ面で絶対に安全とはいえない

VPNは専用の仮想回線ですが、絶対に通信を盗聴されないとは言い切れません。また、初期設定に注意しないとDNSやIPなどの情報が漏えいする場合があります。

通信速度が遅くなる場合がある

VPNでの通信は通常のインターネットより暗号化などの通信が複数回繰り返されることもあり、通信速度が少し遅くなる場合があります。

スマホなどのバッテリー消費が大きい

前述のように、VPNでの通信は暗号化などの通信が複数回繰り返されるので、スマホなどで利用するとバッテリーが消費しやすくなります。

VPNの設定方法

つづいて、パソコンやスマホでVPN接続をおこなう手順についても解説します。

Windows PCでのVPN設定方法

Windows10での設定方法は以下のとおりです。

  1. コントロールパネル→「ネットワークとインターネット」をクリック
  2. 「ネットワークと共有センター」→「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリック
  3. 「職場に接続します」を選び「次へ」→「インターネット接続(VPN)を使用します」をクリック
  4. 接続情報を入力する画面になるので、必要情報を入力し「作成」で完了です。

iPhoneでのVPN設定方法

iPhoneではとくにアプリなども必要なく、以下の手順でVPN接続をおこなえます。

  1. 「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「VPN構成を追加」の順でタップ
  2. VPNの種類やサーバー名、アカウント名やパスワードなどを入力→「保存」をタップ
  3. 新たに作成されたVPNの構成が画面に追加されるので、「設定」をタップし、表示された画面で「オフ」をタップするとVPNがオンになります。

まとめ

このようにVPNは専用線よりも自由度が高く、また低コストで安全な通信のやり取りをおこなうことができる技術です。

テレワークが増えているなかで、自宅勤務などに導入するとより社外と社内での業務がスムーズに進むのではないでしょうか。




VPN
RELATED